階段や踏み台に慣らしておく

犬の寿命が伸びることはとても素晴らしいことですが、それに伴って足腰が弱くなっていきます。
若い時には簡単に登れていた階段が登れなくなったり、足腰への負担が大きくなったりします。
ヘルニアなどのリスクも高まってきます。怪我をしやすくなるのも心配ですよね。

そこで使えるのが様々な補助階段や踏み台です。
足腰が弱ってしまう前に少しでも階段や踏み台に慣らしておけば、後々使うことになったときにスムーズにいくかと思います。
また、今から階段や踏み台を使うとしても最初は上手く使えないかもしれませんが、トレーニングや補助をしてあげることでちゃんと使えるようになります。
犬のことを考えて、何が必要か考えてあげることが大切ですね。

補助階段

補助階段は大きな段差に対応できます。
例えば車の乗り降りなどどうでしょうか。ジャンプして乗り降りできていたものが、少し辛そうだったり躊躇したりしませんか?
そういった場合に使うのが補助階段です。名前の通り階段になっており、一段の高さが低く、負担が少なくなります。
ペットショップで購入できるものは軽めなので、犬が乗り降りするときに少し揺れてしまうかもしれません。適度な重さのものを選ぶのが良いでしょう。

踏み台

ベッドやソファーへ昇り降りするときに使い、足腰に負担をかけないようにします。落ちてしまって脱臼などの怪我することへの予防にもなるでしょう。
特にダックスなど足が短く胴が長い犬種は腰に負担がかかるので、踏み台を使ってあげたほうが良いかと思います。
踏み台は階段とは異なり、一段のみのものが多く、種類も豊富で収納できる折りたたみ式やスロープがついている木製の踏み台、布製のお洒落なものなどがあります。発泡スチロールで自作している方もいるようです。

室内でもトイレできるようにしておく

外でトイレをするという犬も実は意外と多いです。散歩のついでにだったり、トイレをするために外に出たりと様々ですが、室内でもトイレをするようにトレーニングをしたほうが良いでしょう。
歳を取って足腰が弱ってくると散歩へ行くのに一苦労することもあります。天候が悪い日や体調が優れない日もでてくるかもしれません。
そういうときに室内でトイレをするようにトレーニングをしておけば、トイレを我慢せずに済みます。

トイレを我慢することは心身ともによくありません。粗相してしまい、ションボリとしてしまう子もいます。
元気なうちに室内でのトイレトレーニングをしておくのが良いですね。
トイレトレーニングは失敗することもありますが、根気強く、愛情を持って頑張りましょう!

飼い主自身が気持ちの余裕を持っておく

老化が進むと飼い主の気持ちも徐々に暗くなっていくことがあります。今まで元気に走り回っていた愛犬がよろけるようになったりすると少なからずショックを受けるかと思います。
しかし老化は仕方のないことです。
どういった点に注意するのか、犬のためには何ができるのか、事前に知っておくことで対応できます。対応できることで心にも余裕が生まれるでしょう。

また老犬との生活は体力も必要です。
例えば愛犬が寝たきりになってしまって介護をする場合、持ち上げたりすることもあります。夜鳴きをして眠れないこともあるかもしれません。
飼い主の健康も愛犬にとっては重要なことです。心身ともに余裕を持っていたいですね。

まとめ

老犬との生活は大変です。飼い主も犬も、ともに気持ちや体力を使います。
病気や怪我、補助する道具などお金を使う場面も増えてくることでしょう。
しかし犬は大切な家族です。根気強く接してあげて下さい。

老犬のための情報サイトや本もたくさんあります。犬を介護した経験がある飼い主さんも増えています。
様々な情報を集め、自分自身無理をせず、愛情をもって老犬時代を迎えるようにしたいですね!