先月突然の離婚申請をしたことで、世界を驚かせたブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー。

その後の2人の動きについては様々な報道が飛び交っているけれど、米<People>誌が報じた関係者の証言によると、アンジーは「精神的にかなりツラい状況」にあるらしく、子供たちと一緒にセラピーに通い始めたのだとか。

さらに、アンジーはブラピとの破局後、6人の子供たちと一緒にロサンゼルスの賃貸に移り、友人や兄のジェームス・ヘブンに支えられながら過ごしていたという証言も。

子供たちは家で映画を観たり、敷地内のプールで遊んだりして過ごしていたよう。「彼らは何日も外出しませんでした。子供たちにとってもツラかったでしょうね。これまではたくさん外に出て、楽しい過ごし方をしてきたわけですから。小さな子供たちは特に、何が起きているのか理解できませんからね」。

一方ブラピの関係者によると、ブラピもかなりの精神的ダメージにさらされているそう。

「ここ数週間の出来事で、かなり打ちのめされています。各メディアで彼が(浮気報道や酒乱説など)悪者のように伝えられてしまったことと、そして家族の安全が脅かされる状況に身を置かなければいけなくなったことの、ダブルパンチですから」

ブランジェリーナ一家

アンジーは引き続き子供たちの単独親権を求めており、今回セラピーに通い始めたのは、アンジーとブラピの関係における事実調査に介入しているロサンゼルス児童家庭サービス局の提案なのだとか。2人は9月30日に、当局が勧めた「一時的共同親権」に合意し、それぞれ個別にセラピストのカウンセリングを受けること、ブラピが子供たちと最初の面会を行う際にセラピストも同席すること、ブラピは引き続き薬物&アルコール検査に協力することなどを承諾。この措置の期限は10月20日までとのこと。

ブラピの関係者はさらにこのように補足。

「ブラッドは子供たちのことを心から愛しています。彼にとって子供たち以上に大切なものはありません。彼らと一緒にいるためなら、ブラッドはどんな手も尽くすでしょう」

今後もしばらく、ブランジェリーナ一家の動向から目が離せなくなりそうです。