焼きたてのレタスにパルメザンチーズをさっと振りかけ、溶けかかったところに豆腐ディップを添えて、フォークでザクザクっと切って食べるお惣菜風サラダです。涼しくなって少し暖かいものが恋しくなってきた夜にぴったりのボリュームある一品。

レタスのみずみずしさを、まるっと味わえる!

【焼きレタス シーザーサラダ風】

材料(6個分)
・レタス 1/2個 
・パルメザンチーズ 小さじ1/2
・オリーブオイル 小さじ1

<豆腐ディップ>
・木綿豆腐 20g ※ペーパータオルに乗せて水けを切る。
・ヨーグルト 小さじ1
・ごまドレッシング(市販品) 大さじ1 
・オリーブオイル 小さじ1/2

<作り方> 

1・レタスを縦半分に切り、さっと水にくぐらせて洗い、ペーパータオルで水けをきる。

縦半分にカットしてから、さっと洗う。

切り口もきれいにカットする。

2・小さな器に<豆腐ディップ>の材料をすべて入れ、フォークで豆腐をつぶすようにしながら混ぜ合わせる。

フォークを使うと豆腐の触感が程よく残る。

3・フライパンにオリーブオイルを引き、レタスの断面を下にして中央に置いてから中火にかける。軽く2分ほど焼いて皿にとる。

焼くときはレタスをあまり動かさない。

少し焼き色がつく程度でOK。

4・3が温かいうちにパルメザンチーズをふりかけ、2を添える。

Point.

食べる直前に作ること!  時間が経つとレタスから水分が出てしまい、おいしさ半減。



■賢人のまとめ
90%以上が水分ですが、β-カロテン、ビタミンCとE、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、食物繊維など多くの栄養素をバランスよく含むレタス。量が多くてなかなか食べきれないというときは焼いたり、スープに入れるなど加熱して食べるのも一案です。

■プロフィール

時短レシピの賢人 はまだふくこ

 

料理ユニット「エフ アッシュbis」主催。美味しいもの探求家。

フリーランスのライターとして、飲食、ホテル、旅などのカテゴリで積極的に取材・執筆も行い、その経験も活かしながら、カフェ風アレンジ、時短レシピ、ホームパーティーメニューなど幅広いレシピ提案を行っている。