罪悪感ナシ!コンビニで買える「ダイエット中のおやつ」3選

写真拡大

ダイエット女子にとって、オフィスでの「小腹減った……」に対応できる食べ物を揃えておく準備はマスト。

せっかく順調に進んでいたのに、おやつに食べたスイーツのせいで元の木阿弥になってしまったら、大後悔ですよね。

とはいえ、いかにもダイエットに良さそうなおやつ類の中には“お取り寄せ”しなければ手に入りにくいものも多いので、手間ばっかりかかってしまうもの。

コンビニで手軽に買えるおやつの中で、ダイエット効果が見込めるものを覚えておくと便利です。

そこで今回は、フードアナリストの筆者が『microdiet.netレポート』を参考に、コンビニで買えるダイエット中のおやつ3選をお伝えします。

■1:食塩無添加、ノンオイルローストを選びたい“アーモンド”

コンビニの“おつまみコーナー”に必ずあると言っても過言ではないアーモンド。

同レポートによれば、抗酸化作用がありエイジングケアに役立つビタミンEは100g中に約31mg含み、あらゆる食品の中でも含有率が高め。

噛みごたえがあり腹もちも良いので、5〜6粒ほどが間食の適量だそう。一見少ないように思えますが、案外これだけで満足できる量なんですって。デスクでつまみやすいのも嬉しいですよね。

選ぶポイントとしては、食塩無添加、ノンオイルローストを基準にしてみてください。

■2:カカオ70%以上を目安にチョイスしたい“ダークチョコレート”

疲れたときにチョコレートを口にしたくなる女性にオススメなのが、カカオ70%以上のビターチョコ。

「ダイエットなのにチョコ!?」と思う方もいそうですが、じつはむしろダイエット中の女性の美容サポートまでも期待できる優秀なおやつなんです。

ビターチョコレートには、抗酸化作用が強くエイジングケアの働きをするカカオポリフェノール、カルシウム、鉄分、マグネシウムなど、ダイエット中の女性に不足しがちなミネラルが豊富。

さらに、リラックス効果や血流を良くし代謝を高めるテオブロミンも含まれる上に、食物繊維はカカオ70%の板チョコ半分で約4gが含まれるのだとか。

どちらかというと積極的に少しずつ食べておきたい食品とも言えるんです。

目安としては、1日30〜40グラム程度を食べて問題ありません。

■3:毎日食べるのはちょっと避けたいけど優秀な“おしゃぶり昆布”

おしゃぶり昆布もコンビニには必ず置いてあると言っても過言ではない定番の食品ですが、超低カロリーで“罪悪感なし”なのに口寂しさも小腹も満たすことができる優秀なおやつです。

また、しっかりとした咀嚼感もあって、食物繊維やカルシウム、マグネシウム、鉄などミネラル各種も豊富に含まれているのが特徴。

選び方としては、なるべく人工的な添加物の少ないものを見つけ、長期間にわたり連日大量に食べ続けるなどの過剰摂取は控えるのがベターだそう。

昆布に含まれる“ヨウ素”は適量なら問題ないものの、摂りすぎると体調に関わるデメリットも潜んでいるんです。

また、塩分も多いので低カロリーだからといって大量には食べてしまうとナトリウムの摂りすぎになるリスクも潜みます。

以上、コンビニで買えるダイエット中のおやつ3選でしたが、いかがですか?

日々のおやつって意外と頭を悩ませますよね。多忙なときほどストレスを感じ、何かを口にしたくなる気がしている女性もいるのではないでしょうか?

コンビニで買えるダイエットおやつならば、毎朝の気分で選ぶこともできますよね。

オフィスに常備しておくおやつを賢く選んで、ダイエット計画をしっかりと遂行していきましょう!