写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インターブランドはこのほど、グローバルのブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2016」を発表した。このランキングは、グローバルな事業展開を行うブランドを対象に、そのブランドが持つ価値を金額に換算してランク付けするもので、今年で17回目。

堂々の第1位は「Apple」が獲得。昨年比5%増の1,781億ドルを記録した。2位は「Google」で、昨年比11%増の1,332億ドル。この2ブランドが4年連続1位・2位を占める結果となった。

また、昨年と変わらず3位は「Coca-Cola」、4位には「Microsoft」がランクイン。5位には「Toyota」がアジアブランド初となるTOP5入りを果たしたほか、「Hewlett Packard Enterprise」「Dior」「Tesla」が初のランクインとなった。

セグメント別では、テクノロジーと自動車関連部門で合計29ブランドを占め、リテール部門はブランド価値前年比19%増で最も成長の著しいセグメントとなった。

アジアのブランドに注目してみると、5位の「Toyota」を筆頭に、日本から6ブランド(Toyota、Honda、Canon、Nissan、Sony、Panasonic)、韓国から3ブランド(Samsung、Hyundai、Kia)、中国から2ブランド(Huawei、Lenovo)がランクインとなった。

Toyotaは、次のように評価されている。「長期的な視点からの事業戦略とデジタルを活用したブランド訴求が、市場や顧客からの『信頼確実度』上昇に貢献しており、カンパニー制導入等により施策意思決定の柔軟化・迅速化が実現されつつあると分析される。『存在影響度』が高い点も特徴的で、例えばトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの確立・訴求,86やFJクルーザーなどドライブの愉しみを提供する製品開発、クルマ文化を発信する消費者とのデジタルコミュニケーション、AIの研究開発を行う新会社の設立、新興国の小型車需要へ応えるダイハツの完全子会社化等で、市場で際立ったブランドと認識されている」。

(CHIGAKO)