【コラム】イラク戦のカギを握る“心のデュエル”。ハリルジャパンに逆風を跳ね返す覚悟は整ったのか

写真拡大

 言い訳のできない戦いが、いよいよ幕を開ける。イラク代表を埼玉スタジアム2002に迎え、6日午後7時35分にキックオフされる2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第3戦は、日本代表にとって何よりも「勝ち点3を奪う」という結果が求められる正念場となる。

 まだ記憶に新しい、UAE(アラブ首長国連邦)代表に喫した9月1日の初戦の黒星。ホームで2試合続けて勝ち星を挙げられない事態は、6大会連続のワールドカップ出場を目指す上で絶対に許されない。6日のイラク戦、そして舞台をメルボルンに移して11日に行われるオーストラリア代表戦の結果次第では、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の進退が問われかねない状況が生まれる。

 招集された25人の選手たちに目を向ければ、主軸を担ってきたヨーロッパ組の大半が所属クラブで軒並み出場機会を激減させている。移動時間の関係もあり、全員が揃ったのはイラク戦の2日前だった。前売り段階でチケットが完売し、チームカラーのブルーに染まるスタンドから届けられる勝利へのエールも、“手負い”のハリルジャパンに必要以上の気負いをもたらしかねない。

 さまざまなプレッシャーが複雑に絡みあう状況で、5日に埼玉スタジアム内で前日会見に臨んだハリルホジッチ監督は「メンタル」をキーワードとして掲げた。

「とにかくメンタルだ。それが違いを生み出す」

 昨年3月の就任以来、指揮官が口を酸っぱくして求めてきた「デュエル」。球際における「激しさ」や「強さ」につながるフランス語をピッチで体現する上でメンタルの強さが不可欠となる、と改めて力説したのは4日夜のミーティングだった。そしてアプローチの方法こそ異なるものの、メッセージを受け取った選手たちはイラク戦へ向けて、特に心の部分で臨戦態勢を整えていた。

 最も得意とする左サイドでの先発が確実視されるFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)は、胸中に「危機感」を抱き続けることで、対戦相手を圧倒するコンディションを練り上げている。

「(ゴールを)取れなかったら……取れなかったらというか、パッとしなかったらすぐにベンチへ戻される立場だと思っているので。危機感しかないけど、危機感を持ってやっている時に一番いい結果が出る。他の選手がどうなのかは分からないけど、僕はメンタルもコンディションもトップの状態でできると思います」

 それまでは不慣れなボランチで起用されることが多かった原口だが、敵地バンコクで9月6日に行われたタイ代表との第2戦で、「4−2−3−1システム」の「3」の左で後半アディショナルタイムまで躍動。18分にはDF酒井宏樹(マルセイユ)のクロスを頭で叩き込み、UAE戦から続いていた沈滞ムードを吹き飛ばした。

 タイ戦をテレビ観戦していた浦和レッズのMF関根貴大は、自身を可愛がってくれた浦和の育成組織出身の先輩の“変身ぶり”に心を震わせたという。

「日本代表の中で一番戦っていた。攻撃だけはなく、守備という部分を誰よりも意識してプレーしていることが、テレビ越しにも伝わってきた。ああいうプレーをすればチームとしても助かるはずなので、自分も見習っていきたい」

 所属するヘルタ・ベルリンでも、3シーズン目にしてレギュラーの座を揺るぎないものとした。開幕戦から6試合連続で先発フル出場を続け、成長の跡を刻んできた原動力もまた「危機感」だと力を込める。

「自信なんか全然なくて。もっとやらなきゃ、という危機感しかないというか。もっと(ゴールに)直結するプレーをしたいし、変な話、攻撃により比重をかけられる点で代表のほうがそれを出しやすいのかなと。やっぱりパスだけで綺麗に崩すのは難しいので、開いた位置から(マークを)一枚はがしていくプレーも必要になってくるし、そういうプレーをやり出した時に自分の良さが出る。相手よりも強い気持ちを持ってプレーできれば、技術的にも戦術的にもどう考えても負けることはないと思っているので、どれだけ気持ちをプレーに乗せられるか。普段ヘルタでやっていることなので、自然に出ると思う」