今回の事件を報じる韓国の『ヘラルド経済』

写真拡大

大阪の寿司屋「市場すし」難波店で、店員が韓国人観光客に大量のわさびを盛る嫌がらせをして問題になっている。“わさびテロ”の被害に遭った韓国人旅行客はその事実を写真とともにネット掲示板に紹介し、「鯛の寿司のわさびが見えますか」「寿司はわさびを取りながら食べなくてはなりません…」などと書き込んだ。

この騒動に、韓国メディアも敏感に反応。「“お前は韓国人か?”日本の寿司屋でわさびテロ事件」(『国民日報』)、「大阪の寿司屋、外国人にわさびをたっぷり…“わさびテロ”騒動」(『聨合ニュース』)、「日本・大阪の寿司屋“嫌韓”騒動…“韓国人旅行客の寿司にわさびテロ”」(『ソウル新聞』)などと一斉に報じた。

「日本が好きだったのに反感が生まれた」

「市場すし」のホームページにはすでに謝罪文が掲載されたが、「海外から来られたお客様からガリやわさびの増量の要望が非常に多いため事前確認なしにサービスとして提供したことが、わさびなどが苦手なお客様に対して不愉快な思いをさせてしまう結果となってしまいました」と、どこか言い訳がましい。

近年、韓国では空前の“日本式ラーメン”ブームで、日本の食文化を好む層が急激に増えているが、謝罪文を見た韓国ネット民たちも「日本が好きだったのにさすがに反感が生まれた」「これが日本の“おもてなし”か」などと書き込んでおり、騒動はますます過熱しそうだ。

以前、旅行会社エクスペディアが 韓国人に人気の観光地トップ10を発表していたように、日本は韓国人にとって大人気の観光地。その中でも大阪は意外な順位で、その大阪で起きた外国人に対する嫌がらせだっただけに、ショックを隠しきれない様子だ。

そもそも韓国人の海外旅行者は年々増加傾向にあり、“年間2000万人出国時代”などとも呼ばれている。しかしその数に比例するかのように、韓国人旅行客が海外で事件や事故、トラブルが増加しているらしい。

意外な国が「韓国は女性に危ない国」とした!!

一方で、韓国を訪れる外国人観光客も増えている。

2012年に初めて1000万人を突破したことを皮切りに、2014年には1420万人に。2015年こそ中東呼吸器症候群(MERS)の影響で微減したが、それでも1323万人となっている。そして、訪韓外国人が韓国でトラブルに巻き込まれるケースも珍しくない。

代表的なのは、タクシー料金のボッタクリだ。去る8月もカナダ人観光客がタクシー料金を大幅に上乗せされ、相場の3倍もの料金を払わせられる事件があった。

さらに意外なトラブルとして問題視されているのは、韓国を訪れる女性観光客のトラブルの増加だろう。

オーストラリアでは、これまで「女性観光客にとって危ない国」ランキングのトップはインドだったが、最近は韓国がトップに挙がるようになってしまった。
(参考記事:外国人女性の被害続々…“女性観光客にとって危ない国”に落ちた韓国

訪問する外国人が増えている日韓。悪意ある一部の個人の嫌がらせで、海外からの旅行客が離れてしまうのは不本意なことだろう。今こそ“おもてなし”の精神が求められているのではないだろうか。

(文=慎 武宏)