写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本ピザハットのピザチェーン「ピザハット」はこのほど、「RIZAP(ライザップ)」とのコラボレーション商品の販売店舗(現行6店舗)を、関東・関西で26店舗にまで拡大させた。10月11日からは、北海道・関東・中京で6店舗拡大し、合計32店舗で展開する。

同社では8月22日から、ライザップとのコラボレーション商品として「糖質を抑えたピザ」(Sサイズ限定)3種と、「チキンビッグサラダ5.6」を関東6店舗限定で発売している。販売は好調で、予測の約1.5倍の販売実績を記録したことから、店舗を拡大して展開することになったという。

コラボピザは、「糖質を抑えたピザ」3種(Sサイズ限定1,080円)。「熟成ベーコンとグリル野菜」「旨みギュッとプルコギ」「テリチキエッグ」の3種から1枚を選択できる。1枚あたりの糖質量はいずれも約30g(理論値)。

糖質約5.6g(理論値)の「チキンビッグサラダ5.6」(842円)も販売。「糖質を抑えたピザ」1枚と、「チキンビッグサラダ5.6」1個がセットになった「ピザ+サラダセット」(1,890円)も用意する。

取扱店舗や商品は、「ピザハットオンライン」の特設サイトで案内している。

※価格はすべて税込

(フォルサ)