写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●人工知能の世界的権威が語る、テクノロジーがもたらす人類の未来
人工知能が全人類の知力を上回る、いわゆる「技術的特異点(シンギュラリティ)」を提唱したレイ・カーツワイル氏が、日本で講演を行った。人工知能(AI)の世界的権威といわれる同氏が見据える、シンギュラリティ到達後の人類の未来はどのようなものだろうか。

○天才発明家にしてビジョナリー

レイ・カーツワイル氏は1948年生まれの68歳。子供の頃からコンピュータでプログラムなどを作成し、OCRソフトやシンセサイザー、フラットベッド・スキャナーなど数々の発明でも知られる発明家にして実業家でもある。

過去の著書ではインターネットの普及やチェスでコンピュータが人間を負かす時期をかなり正確に予測し、「収穫加速の法則」や、「技術的特異点」(シンギュラリティ)などを提唱するなど、未来の技術動向についての予測の正確さには高い評価を集めている。現在のAI研究において、技術面だけでなく精神的にも非常に大きな影響力を持った一人であり、ある種の思想家・ビジョナリーといってもいいだろう。2012年に米Googleに入社し、現在はGoogleでAIの開発を指揮。大脳新皮質の構造をコンピュータでシミュレーションする「Neocortex Simulator」の開発に取組んでいる。

そんなカーツワイル氏が、ワークスアプリケーションズ主催のイベント「COMPANY Forum 2016」において講演を行った。講演のタイトルは「The Future of Intelligence」、もちろんテーマは人工知能とシンギュラリティだ。

○テクノロジーは指数関数的に発展する

カーツワイル氏は過去の人類の科学技術がこの1世紀程度の間に指数関数的に爆発的な発展を遂げていることを、ムーアの法則などに触れながら指摘し、こうした発展経路を考えると、将来の技術でどのようなことが起きるかを予想できるとした。いわゆる「収穫加速の法則」だ。

ムーアの法則は「半導体の集積率は18カ月で2倍になる」という経験則だが、収穫加速の法則では、技術は自身の発展だけでなくさまざまな技術の発展が総合的に関与しあい、指数関数的に上昇速度を上げていくというものだ。

たとえば1,000ドルあたりで計算機が1秒に計算できる量は指数関数的なカーブを描いて上昇しているし、それに対してトランジスタのHzあたりのコストは年々下がっている。毎年出荷されるコンピュータのビット数の総数やインターネットでやり取りされるデータ通信量、世界中のインターネットホストの数、DNA解析の100万塩基対あたりのコスト、スーパーコンピュータの処理能力、そして全世界の太陽光発電の累積発電容量などは、すべて指数関数的に増減している。

●不老不死も可能にするテクノロジー
○人間の兆寿命化もやってくる?

カーツワイル氏は、コンピュータの発展でデータの解析速度も指数関数的に高まっていることが、人間の生活においても様々な分野でイノベーションを生み出していることを指摘する。健康や医療の分野においても、DNAシーケンスやゲノム解析が進んで、遺伝子を組み替えて疾病に対処することも可能になった。心臓発作を起こした患者が、普通に歩けるまでに回復することは、昔は夢物語だったが、今では可能になっている。

このようなイノベーションはここ10年程度で起きたことであり、今後はさらに短いスパンで次々に革新的なイノベーションが登場していく。それに従って、人類の寿命も飛躍的に伸びることが予想できるというわけだ。カーツワイル氏によれば、次の寿命レベルのジャンプは2035年ごろに来るという。

こうしたイノベーションは、人間の超寿命化だけにとどまらない。同氏は、人間と人工知能の融合についての可能性についても言及しているのだ。

○人類はクラウドにつながり不老不死に?

ナノテクノロジーが進むと血液細胞レベルのサイズのデバイス(ナノボット)が人体の中で機能するようになる。このナノボットを介して、インターネット上にある人工知能の大脳新皮質にアクセスし、人間の大脳新皮質を拡張できるようになるというのだ。カーツワイル氏はこれを「第二の脳」と呼び、自分自身の脳(=第一の脳)と、クラウド上の第二の脳がつながることで脳のバックアップも取れるようになるという。

コンピュータが大脳新皮質をシミュレートできるようになれば、人間の感情などもシミュレートできるようになる。そして脳のバックアップが取れるということは、その人の人格などもバックアップされることになる。つまりバックアップが存在し続ける限り、その人物は不滅になったのも同様ということだ。不老不死化はおよそ2050年ごろには到達するという。

まるで「攻殻機動隊」などのSF作品のような話だが、カーツワイル氏は本気で不老長寿の実現を目指している一人。余談だが、不老長寿実現のためには消化器に負担をかけないよう栄養剤を飲んだり、毎日数本の注射をすることも厭わないが、生身のメンテナンスは面倒なので機械の体が欲しい、というような人物なのだ。閑話休題。

いずれにしても人類の意識がネットと融合するようになれば、意識レベルにおいて時間や距離は問題にならなくなるだろう。VR空間を使ったチャットルームなどを介して、世界中の人間がクリーンで美しい理想的な空間を共有してコミュニケーションを取れるようになる。昼夜も意味をなさなくなるかもしれない。人間の社会生活そのものが根底から変わらざるをえないようになるだろう。

●刺激的な未来予測をどう考えるか
ちなみに、講演においてワークスアプリケーションズの牧野CEOとの対談では、グーグルではコンピュータに人間の言語を理解させ、どんな意味があるかを理解し、対話できるようにすることを目標に開発していると明らかにした。

また、AIが進化して人間の知性を超えてしまったら人類に対して敵対するのではないかという問いに対しては、AIは人間の助けになるものであって、映画などのように人間と敵対することはないという。もちろん技術は諸刃の刃であり、火が暖を取れれば家を焼いてしまうこともあるように、悪意ある人間がテクノロジーを使う危険性はあるので、テクノロジーの安全利用のためのガイドラインを作る必要性を指摘した。

○技術の進歩に取り残されないために

AIの権威であるだけでなく、未来学の権威でもあるカーツワイル氏だけに、かなり刺激的で未来志向な講演だったが、その内容はビジネスにとっても決して無関係ではない。シンギュラリティが起きるか起きないかに関わらず、技術の進歩は、カーツワイル氏が提唱する収穫加速の法則に近い形でその速度を高めているからだ。

ビジネスの現場も経営者も、こうした技術革新を無視していては、時代に取り残されてしまう。常にアンテナを高く掲げ、最新の技術動向に気を配っておく必要があるだろう。人工知能時代のビジネスは、これまで以上に経営速度と新技術への対応が問われる時代になりそうだ。

(海老原昭)