161004istock_19695591_small-e1474330257501

80年代に長期的なヒットを飛ばしたRPG『Cyberpunk 2020』や、最近だと『Eclipse Phase』など(日本で有名なのはガンダムだろう)で使われていた大量のナノマシンをあなたは覚えているだろうか。

かつてゲームやアニメの中で活躍していたナノマシンは、それらを通じてナノマシンの危険性や可能性を我々に間接的に伝える役目を果たしていたが、すっかり取り上げられなくなり、まるで死語のような扱われ方をしている。

しかし、最近また注目を集め始めている「ナノテクノロジー」によって、目に見えない極小サイズのワイヤレスマシンが現実のものになったらどうだろう。フィクションの世界でしか起こりえなかったことが、現実にも起こりうるようになるかもしれないとしたらどうだろう。あのナノマシンが互いにコミュニケーションを取りあうことができたら、どんな使い方が考えられるだろうか?

先日、まさにこの研究に取り組んでいる科学者たちがいることが明らかになった。彼らが研究しているのは、人のDNAの100倍ちょっとの大きさで、血液の流れに乗ってデータを運ぶことができるナノサイズのデバイスである。

ナノテクノロジーは、世界的に超高齢社会を迎えつつある現在において、医療への応用に大きな期待を寄せられている。この技術を活用することで診断から治療まで、医者は患者の体のいたるところをリアルタイムで解析できるようになる。現在の検査は放射線などのほか、体に有害となりうるものを使用しなければならないが、これが人体に無害で賢い「ナノデバイス」に取って代わる日が来るかもしれないのだ。

ちなみに日本だと、東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻教授の片岡一則(かたおか・かずのり)氏が、ナノテクノロジーを基軸とした医薬工分野の融合、イノベーションの創出を目指している。

ナノマシンの活用方法

医療以外の用途としては、環境データの収集や在庫管理、工業モニタリングが考えられるだろう。

また、ナノテクノロジーの開発のために、米政府によって作られたNational Nanotechnology Initiativeという資金が豊富な団体もある。ナノテクノロジーを構想段階から市場レベルにすることがミッションとしたこの団体は、2001年からこれまで15年間で政府から220億ドル以上の資金を受け入れている。

さて、これらのデバイスが効率的に動作するためには、デバイス間におけるナノスケールのIoT通信が必要となる。

そのためにも、現在ジョージア工科大の専門チームを含め、さまざまな分野の研究者たちによってあらゆる可能性が模索されているところだ。

ナノデバイスの大きさから、実際に送受信が可能なデータの種類はかなり限られてくるはずだ。たとえば、デバイスをWiFiに直接接続することはできない。だが、デバイスよりも少し大きくより機能に恵まれたナノサイズのルーターを使い、ゲートウェイにデータを送ることは可能だろう。

ともあれあと10年、IoTがどのように進化するかは興味深い。技術が進化すれば、デバイスはそれだけ小さくなり、さまざまな分野を超えたコラボレーションの可能性が広がるだろう。この概念が人類にもたらす技術の進化は、これまでの価値観のすべてを覆すことになりそうだ。

ReadWrite[日本版] 編集部
[原文4]