リベンジできそ。お湯をそそぐだけ、うまみ凝縮ブロススープ

写真拡大 (全2枚)

ヘルスコンシャスなニューヨーカーに人気のブロススープ。肉の骨ベースならコラーゲンが、野菜の皮などを煮込んだベジタブルベースなら抗酸化力、免疫力が期待できるなど、美容と健康にうれしいスープです。
ブロススープ作りは意外と難しい
とはいえ、手軽なのは飲むときだけ。たとえばベジタブルのブロスなら、野菜クズをあつめて煮込めばいいだけだと思いきや、実際は玉ねぎの皮やキャベツの芯の苦味に悩まされ、軽いトラウマが......。いったいどの野菜のどの部分なら美味しくできるのか、いまだ苦戦をしいられているのです。
それでもブロスをあきらめきれない。そんな私にとってありがたいのが、2016年10月13日に発売予定の「Natural Healthy Standard.ブロススープ」。
Natural Healthy Standard.ブロススープ(ボーン、ベジタブル)/ 各6食入り 1,200円(税抜)
フリーズドライ製法でうまみを凝縮した美容スープなので、骨や肉、野菜のエキスはたっぷり溶け込んでいるのにお湯を注ぐだけで飲めるそう。
コーヒー感覚で手軽にいただける
「Health is better than wealth.=健康は富に勝る」をコンセプトにかかげた「Natural Healthy Standard.」のスープだから、もちろん化学調味料・香料・着色料は無添加。うまみをしっかり閉じ込めたうえに、カルシウムやマグネシウムといったミネラルも摂れ、さらに冬にうれしい生姜入りです。お味は2種類。ニュージーランド産の仔牛骨を使用し、コラーゲンが摂取できる「ボーン」と、ヴィーガンでもOKなファイトケミカルが摂取できる「ベジタブル」。
ブロススープに苦戦中の人だけでなく、日課にしている人も、たまにはコーヒーや紅茶を飲む感覚で、手軽に味わってみてもよさそうです。
[Natural Healthy Standard.]
photo by Thinkstock/Getty Images
あわせて読みたい
・フライパンonlyでこんなにおいしいごちそうレシピ・イラストレーター横峰沙弥香さんが見つけた美のスポット(Sponsored)・笑顔をより幸せそうに見せてくれる「つや玉」のちから(Sponsored)

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。