お金がどんどん舞い込む! 金運アップのためにやっていること

写真拡大

言い伝えやジンクスを大事にしている人も意外と多いかもしれません。こっそり財布の中に、金色のお守りを入れているなんて人もいるのでは? 金運アップのために取り組んでいることについて、女性のみなさんに詳しく教えてもらいました。

■レシートはためない

・「お財布にレシートを貯めない。お財布がスッキリしていると金運が上がると聞いたから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「特にないけれど、お財布をすっきりとさせ、レシートはこまめに処分する。パンパンのお財布にはお金は舞い込んでこないと以前どこかで聞いたから」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

金運を呼ぶには、その金運の入るスペースが必要になります。財布にレシートを入れるのは、その金運を入れるスペースをつぶしていることになるようですね。

■お札はそろえる

・「お札の向きをそろえて顔が下を向くように入れる」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「財布のお札の顔と向き、順番は絶対そろえている」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

風水的にはお札をそろえて、肖像画が下を向くようにするのがよいようです。また、手前から1万円札、5,000円札、1000円札と並べるのがよいようですね。

■黄色い財布にしている

・「黄色の財布をいつも持ち歩くこと」(27歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「黄色い財布を使ったり、部屋の西方向に黄色のものを置いたりすると良いと聞いたことがある」(32歳/生保・損保/営業職)

黄色い財布は金運アップといわれますよね。金まわりがよくなるといわれていますよね。目立つのでなくすこともなさそうです。

■財布にお守りを入れる

・「財布に金のお守りを入れて縁起良くしている」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「お財布の中にお金が貯まるっていうお守り入れてます」(28歳/金融・証券/営業職)

金運アップのお守りと言えば、昔から蛇の抜け殻がよく言われていますよね。ほかにも金やふくろうなど、いろいろなものがあるようです。

■トイレ掃除をする

・「トイレ掃除を念入りにやること。トイレ掃除は金運が上がるので有名だから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「トイレ掃除をする。トイレが汚いとお金も寄ってこないと聞いたことがあるので」(28歳/ソフトウェア/技術職)

トイレは家の中で厄のたまる場所とされています。そこが汚れていることで、さまざまな運気が下がってしまうようですね。

■風水を取り入れる

・「風水に気をつけてみる。方角と色やモノなどを調べてみたりして置いてみる」(23歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「風水的に西の部屋に黄色いものを置く」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

風水では、お金は西からきて北にたまると言われています。西に黄色いもの、北に白いもので、効果が高まるようですね。

■まとめ

金運アップにはいろいろな方法がありますよね。ゲン担ぎのつもりで、一度試してみるのもいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数110件(22歳〜35歳の働く女性)