ディズニー、実写版「ムーラン」を2018年公開へ

写真拡大

ディズニーが実写版「ムーラン」を2018年11月に公開すると発表した。

ヒロインのファ・ムーラン役をミン・ナが、赤竜のムーシュー役をエディ・マーフィがそれぞれ担当した1998年作が、より特別な意味合いを持った精巧なストーリーで生まれ変わるようだ。

2018年11月2日の公開を視野に急ピッチで製作が進められており、ディズニーはムーランを演じる中国人女優を探しているところだという。

ディズニーは同作の版権を昨年獲得しており、リック・ジャッファとアマンダ・シルヴァーのコンビが脚本を執筆する予定になっている。

「ムーラン」は年老いた父親の代わりに少年の格好をして軍隊に入り、友達で守り神でもある竜のムーシューと共に戦争に参加するヒロインの姿を描いた作品。

ディズニーは、1994年作「ライオン・キング」をジョン・ファヴロー監督(「ジャングル・ブック」など)のもとで実写化することも発表している。