大分旅行をするときに迷うのが、大分のどのエリアに宿泊するか、ということではないでしょうか。

日本屈指の温泉地、別府や湯布院の温泉宿に泊まって心行くまでゆったりとお風呂を楽しむ旅も良いですが、アクティブにあちこち行ってみたいと思う人であれば、別府市北浜は便利な立地だと言えるでしょう。

今回は別府市北浜にあるリーズナブルな料金でおすすめのホテル、西鉄リゾートイン別府を紹介します。

・ 西鉄リゾートイン別府

西鉄リゾートイン別府は、福岡・天神から高速バスで直行、JR別府駅東口から徒歩で約10分、大分空港からは直行の空港特急バス(エアライナー)で約40〜50分の好立地。空港特急バスは、ホテルから徒歩2分ほどのところにあるポ大分交通「別府北浜バス案内所」に停まります。

無料駐車場(先着順)もあり、大分自動車道別府ICから車で約15分、別府国際観光港から車で約5分の距離なので、マイカーやレンタカーで大分を訪れる人にとっても好都合です。

西鉄リゾートイン別府の1階には亀の井北浜バスセンターが併設されており、湯布院行きバス「ゆふらん」や、定期観光バス「別府地獄めぐりコース」もホテル前から出ているので、観光の拠点として非常に便利。

ホテルフロントでは、チェックイン前の荷物預かりもしてもらえます。早い時間に別府に到着し、午前中から地獄めぐりや湯布院観光をしたい方は、スーツケースなどの大きな荷物を預けて出かけると身軽です。

・ 西鉄リゾートイン別府 客室

西鉄リゾートイン別府には、シングルルーム141室、ダブルルーム9室、ツインルーム計36室の186のゲストルームがあり、宿泊料金は1人8000円(税込)〜。

今回宿泊した部屋は上写真のシングルルームで、12屬塙くはありませんがベッドはセミダブルベッド使用で、ソファも設置されています。

液晶テレビ、冷蔵庫、電気ポット、ドライヤー、温水洗浄便座、インターネット接続無料、Wi-Fiの設備・サービスが整っており、旅行者にとって必要なものは一通りそろっている印象。

ユニットバスでバスタブはかなり狭いですが、館内には大浴場と露天風呂があるため、客室内のお風呂を利用する人はあまり多くないのかもしれません。

・ 源泉大浴場(露天風呂もあり)

西鉄リゾートイン別府は、湯の町別府ならではの温泉大浴場(露天風呂もあり)が自慢。

大浴場には別府温泉の源泉を使用しており、ヒノキを一部使用した浴槽ではヒノキの香りに包まれた温泉を楽しむことができます。

宿泊者はもちろん無料で利用でき、浴室入口ではカード型ルームキーをかざす必要があるため、セキュリティ面も安心。なお、大浴場・露天風呂の営業時間は、夜は15:00〜25:00、朝は5:00〜9:30となっています。

洗い場には大分の特産品であるカボスの果汁と九州産孟宗竹から採れた竹エキスを配合したホテルオリジナルの「竹とかぼすのシャンプー」「竹とかぼすのコンディショナー」が備え付けられているので、ぜひその香りも楽しんでみてください。

・ 大分・別府のご当地メニューを楽しめる朝食ブッフェ(500円)

西鉄リゾートイン別府のもうひとつの自慢は、大分・別府のご当地メニューを楽しめる朝食ブッフェ。

「だんご汁」「とり天」など、大分や別府のご当地メニューを盛り込んだ朝食ブッフェ(和洋ブッフェ)を500円でいただけるのも旅行者には嬉しい限り。宿泊プランによっては最初から朝食ブッフェの料金が含まれていますが、素泊まりプランであっても500円を支払えば当日の利用が可能です。

朝食ブッフェは時間帯によっては混み合いますが、揚げたて熱々の「とり天」などが次々に補充されるので、ぜひ味わってみてくださいね。大分産かぼすを使用したかぼすジュースもおいしいです。

交通至便な立地で、別府の源泉を使った大浴場と露天風呂があり、ご当地料理も楽しめる朝食ブッフェがあるホテル、西鉄リゾートイン別府。観光やビジネスで大分県内のあちこちをまわりたいと考えている方にとって、おすすめできるホテルです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

ホテル名 西鉄リゾートイン別府
所在地 大分県別府市北浜2-10-4
電話 0977-26-5151
公式サイト http://www.n-inn.jp/hotels/beppu/index.php

チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00(日・祝 11:00)