MF大島僚太、ハリルの圧力にもブレない自身の個性 「僕はプレー中に喋れれば」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は5日、6日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。

▽練習後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応じたMF大島僚太(川崎フロンターレ)は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からの「もっと喋れ」との注文にもブレることなく、自身のキャラクターを貫き通していることを明かした。

MF大島僚太(川崎フロンターレ)

――イラク戦について

「2試合やって1勝1敗で負けられない試合だなと思っている」

――前回とチームの雰囲気に変化はあるか

「より勝たなきゃいけないという気持ちで練習をやっている感じがある」

――ピリついた感じか

「前回もそれはあったけど、選手とコミュニケーションを取れていると感じている」

――手倉森誠前U-23日本代表監督のスタッフ入りで個人的にリラックスできる環境になったか

「あんまり変わらない(笑)」

――監督から改めて言われたことはあるか

「僕に関しては、ずっと『喋れ』と言われている」

――それが自身のキャラクターと前回言っていたが

「試合とか、練習とか、プレー中に喋れればと思っている」