富山県美術館が富岩運河環水公園に2017年移転オープン

写真拡大

2017年8月26日(土)、富山県立近代美術館が名前をあらたに「富山県美術館」として移転リニューアルオープン。アートとデザインという2つの大きな軸で展開していく。

これまで多くの名作を紹介してきた富山県立近代美術館

富山県立近代美術館は、城南公園の一角に位置。白御影石とミラーガラスに囲まれたシンプルな外観に、広い展示空間で、多くの人に親しまれてきた。作品としては、ピカソ、ミロ、シャガール、ウォーホール、草間彌生など、有数のアートコレクションを紹介してきたが、2016年12月28日をもって閉館する。

新しく誕生する富山県美術館

富山県美術館は、富岩運河環水公園に移動。運河の記憶を残す公園の一角に、巨大な船のような造形の外観で建設される。建物の東向きの一面は、全てガラスで覆われ開放的な空間となる。設計を手掛けるのは内藤廣。

屋上はには、芝生広場が広がる。ふわふわ、ぐるぐる、ひそひそなど、たくさんの「オノマトペ」であふれた遊具が、子どもたちの想像力の源になりそう。アートとデザインで未来へと想像力、創造性を繋いでいくだろう。

新しいロゴマーク

富山県美術館の新しいロゴマーク及びロゴタイプの制作は永井一正が担当。TOYAMAの頭文字「T」をベースにAとDで構成。白く輝く立山が映える空の色と、富山湾の深いブルーをイメージしている。

富岩運河環水公園では、2016年10月8日(土)から9日(日)にかけて、新美術館をプレ体験できるイベントとして「ART PICNIC!」を開催。アートマーケットやワークショップの開催、ダンスやラップミュージックが披露されるのでぜひ足を運んでみて。


[写真付きで読む]富山県美術館が富岩運河環水公園に2017年移転オープン

外部サイト

  • 夏の祭典「泡フェス 2016」広島・東京で開催、1万人が泡にまみれる野外イベント
  • 東京ディズニーランドに『美女と野獣』の新エリアや『ベイマックス』アトラクション、2020年に導入予定
  • 東京都写真美術館16年秋にリニューアル、愛称は「トップミュージアム」- 杉本博司の展覧会も開催