富士重工業が「東京モーターフェス2016」に出展する「新型インプレッサ」(SPORT / G4)(写真提供:富士重工業)

写真拡大

 富士重工業は5日、8日〜10日に開催される「東京モーターフェス2016」に、今秋発売する「新型インプレッサ」のプロトタイプなどを出展すると発表した。

 同社によると、「新型インプレッサ」のほか、日本初公開となる「SUBARU XV CONCEPT」などの6台を展示車両として、また、4日に発売した「WRX S4 tS」のプロトタイプなど4台を試乗車両として出展する。運転支援システム「アイサイト」の VRドライビング体験も実施するという。

 「東京モーターフェス2016」は、「未来を体験するイベント」をキーワードに、クルマ・バイク・商用車の新たな可能性や面白さを体験できるプログラムを多数揃えた参加型のイベント。会場は、東京臨海副都心の青海地区とMEGA WEB(メガウェブ)。