夏の美白投資が水の泡…秋になって美白ケアを中断するとシミができやすくなる!

写真拡大

「秋になったので美白ケアはお休み」という女性もいるのではないでしょうか?

ジリジリと照りつける太陽がひと段落すると、紫外線の影響も落ち着くかな? と思って美白ケアをやめ、その分節約をしているという主婦もいそうですね。

しかし、なんと秋冬に美白ケアを中止してしまうと、“夏の美白ケアが台無し”になってしまうという衝撃的な事実をご存じですか?

とはいえ、お小遣いには限りがありますから「秋以降も美白コスメを買うのはムリ……」という女性もいますよね。ならば、何かを節約するしかないっ!

今回は、資生堂が25歳〜59歳の女性1,033名に行った調査結果を参考に、“秋に美白ケアを中止する落とし穴と美白ケアのために美意識高め女性が節約したい出費トップ3”をご紹介しましょう。

 

■春夏で美白に投資した“約2万円”がムダに…!?

秋から美白ケアを中断することによる肌へのリスクについて、同調査では、次のように説明されています。

<乾燥によってシミ悪化因子が増えるため、秋冬に美白ケアを中断すると、春夏に美白ケアをしていた時にコントロールできていたメラニン環境が、元に戻ってしまう「シミ・リバウンド」現象が肌に生じる事が分かりました。>

秋冬に美白ケアを中断した女性が、春夏の美白ケアに投資した金額は、“約1.9万円”。つまり、この“約2万円”が無駄になってしまう状態を引き起こしてしまうんです……!

一方で、通年で美白ケアをしている人の年間の投資額は約4.3万円で、美白ケアを秋冬でやめてしまう人との差額は、年間で約2.4万円。この約2.4万円分を節約して美白ケアに回せば、美肌作りへの投資になりますよね。

では、いったい何を節約して約2.4万円(春夏のみ美白ケアをしていると想定すると月額約4,000円)分を捻出すればいいのでしょうか? 同調査で行われた、「美白ケアのために節約したいこと」のランキングを見てみましょう。

 

■第3位:「衣服・アクセサリー・娯楽」(12.3%)

第3位は、12.3%が選んだ「衣服・アクセサリー・娯楽」。

衣服やアクセサリーなどといった“ファッション”には流行があります。最近はファストファッションブランドが多数台頭しており、プチプラアイテムを探すのはカンタンです。うまく活用すれば“高見えコーデ”だって可能ですから、月額4,000円くらいならば、節約できそうですね。

また、娯楽系は1度楽しめば終わりなので、自分の意識次第で出費をコントロールできますね。美白ケアを続ければ美肌をキープできる……となると、一瞬の楽しみより、美への投資のほうが自分のためになりますものね。

 

■第2位:「外食(ランチ・カフェ・飲み会)」(15.3%)

続いて、同ランキングで2位に選ばれたのが15.3%が選んだ「外食」でした。

家計簿をつけていると、外食費って思っている以上にかさむ費用だなぁって実感しますよね。特に子育てママとなると、ママ友とのランチ会やお茶会は、「子どものためにも顔を出しておかなくちゃ!」と思うことだってあると思います。

ママ友からのお誘いはなかなか断りづらいものですが、数回に1度断る勇気を持てば、月4,000円分くらいを浮かすことはできそうです。

人間関係を壊さない程度にバランスを取りながら出席しておけば、美白ケアのお金に回す費用を生み出せそうですね。アルコールを飲む席は会費もそれなりなので、1度断るだけでも相当な節約になります。

 

■第1位:「スマホ・タブレット代など通信費」(19.7%)

そして、同ランキングで1位に挙げられたのは、19.7%が選んだ「スマホ・タブレット代など通信費」でした。

連絡手段として、今や手放すことができなくなった、スマホ。また、子どもの教育のためにタブレット端末を持っているご家庭も多いことでしょう。

通信費は毎月必ずかかってくる費用。そこを削るのは一見難しそうに思えますが、大手キャリアの格安プランや格安SIMを取り扱っている通信会社が増えてきましたから、工夫ひとつで予想外の節約効果が出そうな出費です。

特にスマホは、通話が多いかWi-Fi利用が多いかで使い方に個人差があります。自分の使い方を振り返って、キャリア変更やプラン変更を検討することで、美白費用捻出の最強候補になりそうです。

 

いかがですか?

通年美白ケアをしなければ、シミを増やしてしまう“シミ・リバウンド現象”は、「こんなことがあるなんて……!」と、ゾッとしますよね。

通年美白ケアの予算が厳しい女性は、ぜひ節約できる出費を見つけて、上手にお金を回してみてはいかがでしょうか。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 美白ケアだけじゃダメ!? 「シミ・タルミが増加する」夏の肌ケアの怖〜い落とし穴

※ 節約のつもりが…逆に!ドンドン貧乏になる人の「化粧中のクセ」4つ

※ 特売品だとしても!節約どころか「浪費&無駄太り」してしまう買い物の仕方4選

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 専門家が監修!あなたの主婦業を年収換算できるシミュレーターとは

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

 

【参考】

※ 秋冬美白意識に関する調査 - 資生堂

 

【画像】

※ Lana K / Shutterstock