デザイナー皆川明がNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演

写真拡大

 「ミナ ペルホネン(minä perhonen)」を手掛けるファッションデザイナー皆川明が、NHK総合テレビのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演する。放送日時は10月17日午後10時25分〜11時14分。 デザイナー皆川明が「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演の画像を拡大

 皆川明は、1967年東京生まれで現在49歳。1995年に自身のブランドを立ち上げてから20年以上にわたり「特別な日常服」をコンセプトに服を作り続けている。ファッションだけではなく、家具や陶磁器など幅広く展開し、また青森県立美術館や東京スカイツリーといったユニフォームデザインも手掛けてきた。オリジナルのテキスタイルデザインは国内外から定評があり、花や動物、幾何学模様などをモチーフに皆川が描いた独創的な図案を、日本の技術による織りや染色、刺繍などで表現。今年春には、デザインおよび芸術分野で権威のある「2015毎日デザイン賞」と「第66回芸術選奨文部科学大臣新人賞」を受賞した。 番組では、新作コレクションの制作期間をカメラが追い、流行とは一線を画した服作りに迫る。「表現すること」の根源的な問いと改めて向き合う挑戦になった新たな刺しゅうのデザインなど、デザインに人生をかける皆川明の熱く静かな闘いに密着するという。