5日、韓国メディアによると、「Galaxy Note7」の交換後の新製品でもバッテリーが爆発したという一部ユーザーの主張について「外部からの衝撃によるもの」と発表したサムスン電子が、国家試験機関に再検査を依頼したことが分かった。資料写真。

写真拡大

2016年10月5日、韓国・中央日報によると、最新スマートフォン「Galaxy Note7」の交換後の新製品でもバッテリーが爆発したという一部のユーザーの主張について「外部からの衝撃によるもの」と発表したサムスン電子が、国家試験機関である韓国産業技術試験院(KTL)に再検査を依頼したことが分かった。

サムスンが再検査を依頼したのは、独自に行なった検査がインターネットを中心に「不十分だった」と指摘されているため。KTLは4日午前に再検査を実施し、早ければ5日午後に結果が出ると明らかにした。

韓国では2日午前、インターネット掲示板に「交換後の新しいGalaxy Note7も爆発した」との文章と、バッテリー部分が溶け、ケースが黒く焼けた製品の写真が投稿され、波紋を呼んだ。サムスンは同日午後に問題の製品を回収し、韓国SGSに検査を依頼。SGSは数時間後に「X線とCT撮影を行った結果、外部からの衝撃により発火した」と発表した。

しかし、一部では SGSの検査結果を疑問視する声が上がった。検査時間が短かった上、韓国SGSの母体がサムスンであるためだ。サムスン関係者は「製品に対する自信がある。すでにリコールなどで大規模な損失を出しているだけに、少しの疑惑も残したくないという趣旨」と説明した。

この報道に、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。

「サムスンはかなり自信があるようだね」
「検査結果を信じるから、その衝撃がどれほどのものだったのかも発表してほしい」

「写真の投稿者も“検査”しよう。賠償金目的だったのでは?」
「韓国人は性格がひねくれているから、何をしても信じないよ」

「ずいぶん時間がかかるね。SGSは数時間で結果を出したのに」
「海外にある機関に依頼してほしい」

「外部の衝撃なら、落としただけで爆発する可能性があるということ?」
「どんな結果が出てももう遅い。消費者が大きな不安を抱えているのに、たった数時間で検査結果を出した時点で“信頼できない企業”とのイメージが付いてしまった」(翻訳・編集/堂本)