写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本はこのほど、「Cクラス」初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて発売した。静寂性の高いアコースティックソフトトップを採用する。

「Cクラス カブリオレ」のエクステリアは、メルセデスの最新デザイン哲学である「モダンラグジュアリー」を体現し、オープン時はもちろん、ソフトトップを閉じた状態でも美しいプロポーションを実現した。電動開閉式の「アコースティックソフトトップ」は、高い遮音性と耐候性を備え、ボディカラーに合わせて鮮やかな「ブルー」「ブラック」「ダークレッド」の3色が用意される。リアウインドウはガラス製で、走行中でも50km/hまで開閉可能だ。開閉時間は約20秒。

インテリアは「Cクラス」に共通する上質さと実用性が両立されている。スポーツシートはオープンドライブ時に室内への風の巻込みを抑えて快適性を向上させる「エアキャップ」や、ヘッドレスト下部から温風を吹き出して首の周囲を確実に暖める「エアスカーフ」も装備。寒い季節でも快適なオープンドライブを提供する。

価格は、1.6リットルエンジンを搭載する「C 180 カブリオレ スポーツ」606万円、2.0リットルエンジン搭載の「C 300 カブリオレスポーツ」(受注生産)768万円、3.0リットルV6エンジン搭載の「メルセデス AMG C 43 4MATIC カブリオレ」960万円、4.0リットルV8エンジン搭載の「メルセデス AMG C 63S カブリオレ」1,403万円(価格はすべて税込)。

(山津正明)