写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンはこのほど、限定車「208 GT Line・アイス・エディション」を全国のプジョー正規販売網「プジョー・ディーラーネットワーク」にて販売開始した。氷のような独特の塗装を施している。

プジョーを代表するコンパクトカーである「208」は、フランス車らしいデザインと充実した装備で高い評価を受けている。搭載するパワートレインは、2年連続してインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞した最高出力110PSのピュアテック1.2リットル3気筒ターボエンジンに、6速オートマチックトランスミッションを組み合わせ、軽快な走りを実現している。

「208 GT Line アイス・エディション」は、その名が示す通り「氷」のような独特な塗装を施した。エクステリアには赤いロゴが象徴的な専用フロントグリル、GT Lineバッジ、専用17インチアルミホイールを採用。インテリアにはレザー&ファブリックのコンビネーションシート、革巻き小径ステアリングを装備。アクティブシティブレーキやバックソナーなどの安全装備も採用している。

価格は259万円(税込)で、240台の限定販売となっている。10月8〜16日の期間、プジョー・ディーラーネットワークにて「プジョー 208 GT Line アイス・エディション デビューフェア」を開催する。

(山津正明)