今宵のお供に!今だから飲める2016年「秋ビール」5種類飲み比べ

写真拡大

天高く馬も人も肥ゆる秋。美味しい食材とともに姿を表すのが、各社の「秋ビール」です。深みのある色や、コク、香りなど、それぞれに秋を迎える喜びが演出されたビールたちを5種類飲み比べてみました!

beer - 4

ちなみに5つを選んだ基準は「近所のコンビニに売っていたから」なので、割と入手しやすいラインアップになっています。

しかし、ならべてみると赤い! 日本の秋はやっぱり赤いのです。

[関連記事]秋の味覚と好相性!ル・クルーゼ秋冬コレクションで食卓に和の風情を

 

 

■まるでワインのようなエレガンス「秋味 堪能」

 

キリン「秋味」と言えば、発売26年目にもなる秋ビールの代表格。あの紅葉のパッケージが街に並ぶのを見ると秋の訪れを感じます。

今年はその秋味ブランドから初のエクステンション商品が発売されました。

beer - 5
それが、数量限定の「秋味 堪能」。少し広口の305mlびんは、デザインが効いて、まるで工芸品のような趣があります。

beer - 6

麦芽がたっぷり1.5本分使用され、アルコールも7%と高く、かなり贅沢感のある1本のようです。

重厚な味を想像して飲んだところ、予想が外れてびっくり!

甘みや酸味がとてもエレガントに調和して、まるでワインを飲んでいるような印象です。

beer - 8

いい意味でジャパニーズビールらしさがあるというか、複雑なのに口当たりが柔和で、飲み疲れしないように感じました。

とにかく優雅で円熟味たっぷり。ちょっと贅沢なおつまみを用意して飲みたい1本です。美味しい!

 

■期待以上のコクと予想外のキレ!「琥珀ヱビス」

 

キリン「秋味」と並んで、もはや日本の秋の風物詩ともなっているのが「琥珀ヱビス」。

秋らしいコクがつまった “アンバービール” です。

beer - 9

アンバーとは琥珀のこと。ペール(淡い色)とダーク(濃い色)の中間の美しい琥珀色が特徴です。

従来からヱビスビールは副原料は一切使用しない麦芽使用比率100%。コクにこだわったビールなわけですが、琥珀ヱビスにはさらにビールに赤みを帯びた色をつけ、深みのある香味をつける “クリスタル麦芽” が加えられています。

9月6日に解禁された今年の琥珀ヱビスは、そのクリスタル麦芽を増量。琥珀ヱビス史上、最高に深いコクを追求しているそうです。

飲んでみると、これも想像と違いました!

苦味やコクはばっちり効いていますが、意外にも甘みやコッテリ感は抑えめ。引き締まったキレを感じます。

beer - 10
キャラメルやローストされたコーヒー豆のような香ばしさもあり、飲みごたえと爽快感が両方感じられます。サンマやキノコなど、日本の秋の食材によく合いそうです。
美味しい!

 

■超実力派のニューフェイス「ザ・プレミアム・モルツ 〈秋〉香るエール」

今秋、鮮烈なデビューとなったのが「ザ・プレミアム・モルツ 〈秋〉香るエール」。

beer - 11
日本にエールビール市場を育てるために2016年3月に導入された「ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉」の秋モードの限定醸造商品。

ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉のフルーティーな味わいと、数種類の濃色麦芽による芳ばしい香りが特徴です。

一口目で印象的だったのは軽やかな甘み。名前の通り「香り」も印象的で、筆者はボンタンやポンカンのような優しい柑橘感を感じました。

beer - 12
重みや苦味の印象は少なく、とにかく芳しく、どちらかといえば女性的なイメージでしょうか。

秋ビールの中でも、かなり新感覚の1本です。美味しい!

 

■IPAならぬ"RPA"「Ryukyu Pale Ale(琉球ペールエール)」

 

ここ数年のクラフトビールブームの中ですっかりおなじみとなったIPA(India Pale Ale、インディアペールエール)。

ホップの苦味と香りをたっぷりと効かせるスタイルです。

そのスタイルを踏襲してオリオンビールが開発したのが、こちらのRyukyu Pale Ale(琉球ペールエール)。特に「秋」と銘打たれているわけではありませんが、9月8日に発売されて数量限定販売となっているので、やはりこの秋飲んでおきたい1本といえます。

beer - 14
沖縄の気候風土に合わせてアレンジされたクラフトビール「オリオンクラフトシリーズ」の記念すべき第1弾としてデビューしました。

とにかく、IPAスタイルらしくゴリっと効いてくる苦味がうまい! ただし、クラフトビールにままある、ちょっとした小難しさはありませんでした。

beer - 13

コクがあるのに後味はキリッとして、最後にふっと甘みを残して消える感じ。確かに暑い南の島でもぐびぐび飲めそうなクラフトビールです。

IPAには苦手意識が……という人でも楽しめる1本だと思います。美味しい!

 

■新ジャンルなのに恐るべきコク!「クリアアサヒ 秋の琥珀」

 

厳密にはビールではありませんが、いわゆる「新ジャンル」からも秋仕様の商品が登場しています。

「クリアアサヒ 秋の琥珀」は、サッパリとキレのある後味が売りのクリアアサヒブランドの秋限定商品です。

beer - 15
ロースト琥珀麦芽を一部使用し、通常の1.5倍の大麦を使用したという贅沢なつくりが特徴となっています。

メタリックなほどのキレや後口の爽快感に、どこかスーパードライの遺伝子を感じます。その “スードラ感” をベースに、秋らしいコクや甘みが幾重にもかさなったような印象を受けました。

beer - 16

ともすれば新ジャンルは香りが貧弱になりがちですが、さすがに「秋」の限定。しっかり飲みごたえを感じられる演出がされています。美味しい!

 

どれも美味しい!

……いや、これだけではただのビール好きの人なんですが、実際にどの商品もかなりバランスが良く、個性もはっきりした美味しいビールでございました。

秋ビールというとパッケージ等のイメージから、とにかくコックリした分厚いイメージなのかと思いましたが、そうでもありません。

秋のイメージは画一的ではなく、「香り」を楽しむもの、「コク」が強調されたもの、「味わい」の深いものなど、1本1本、それぞれ違うの秋の情景を描写していたと感じます。

飲み比べると本当に個性的なので、ぜひ各種揃えて楽しんでみてください!

 

[関連記事]
美味いのはどれ?トクホからこだわり派まで「ノンアルビール」飲み比べ!

自宅でもビアホールのようなビールを味わえる秘密道具発見!

キンキン最高!ビールを2分で氷点下まで冷やすタンブラー

(文/くぼきひろこ)

くぼきひろこ/ライター くぼきひろこ/ライター

美食・カルチャー・ライフスタイル・クルマ・ゴルフ・巷の美女etc……対象は様々に、雑誌・ウェブサイト等の各種媒体にて活動中のフリーライター。「人の仕事のすべて。そして、その仕事から生み出されるすべてのモノゴトが面白い!」と津々浦々の興味津々で取材・執筆を行う。