美人の女友達がいると、思わず見惚れちゃいますよね。けれど、どんなに美人であっても性格がイマイチだと「あんまり親しくしたくない……」って思うこと、ありませんか?

上から目線だったり、モテ自慢や悪口が多かったり……と、一緒にいて楽しくない話題が多いと距離を置きたくなってしまうもの。でも、美人なのに友達がいない女性には他にも意外な理由があるんです!

そこで今回は、20代から市議として様々な人間模様を見てきた筆者が、同性の友達が少ない美人にありがちなイタイ特徴を3つお伝えします。

■1:同性より男優先

同性よりも異性を最優先にして生活している女性は、どんなに男ウケがよくても同性からは距離を置かれてしまいがち。

グループで飲んでいるシーンでは女友達より、男性にばかり気を遣っていたり、彼とのデートを理由に約束をドタキャンしまくったり……。

美人は男性が放っておかないだけに、チヤホヤされる環境に慣れて男性を立てるのが上手いですが、だからと言って同性の友人をおろそかにしていては、距離を置かれてしまいますよね。

■2:サバサバしている自分を過剰に演じる

美人の自覚がある女子ほど、“近寄りがたい雰囲気”を払拭しようと意識しているケースも。その結果、わざと下ネタを話してみたり、ガサツな言葉を使って会話をしようとしたり……と、空回りしちゃっている女性もいます。

同性ウケをよくしようとして、親近感を持ってもらうために演じているのかもしれませんけれど、痛々しい印象に見えます。さらに、無理しているのが垣間見えて疲れちゃいますよね。

自然体で心地よい関係を築けない美人とは、ちょっと距離を置いてしまう女性が多いのではないでしょうか。

■3:ファッションや美容法を真似したがる

美人は美的感度が高い人も多いので、周囲の女性に負けじとトレンドを取り入れようとする傾向があります。

しかし、女友達のファッションや美容法を根掘り葉掘り聞き、すぐさま自分も真似して取り入れまくる姿には、正直ちょっと引いちゃいませんか?

「ねぇねぇ、今化粧水は何使っているの? 美容液は? 洗顔ってどうしてる? あっ。その服カワイイ〜、どこのブランド!?」など、あれこれ質問されても疲れるものです。

男女問わずに好感度が高い美人は、同性から見ても魅力がありますよね。

一方、男ウケはそこそこでも同性ウケが悪い美人は性格に問題ありのパターンも……。あなたの周りの残念美人に、心当たりはありませんか…?

【関連記事】

ヤアラサー以降の定番ブラウンに…待った!「くぼみ目」解消メイク技