写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士急行は11月12日、「富士急電車まつり2016」を開催する。メイン会場の下吉田駅では、2月に引退した「フジサン特急」2000系展望車両を公開。展望室の2階部分に設けられた運転台から180度の眺望を楽しめるという。

メイン会場ではその他にも、車掌・駅員の仕事体験、緊急自動車・除雪車の展示、保守用車(マルチプルタイタンパーを予定)の作業実演、グッズ販売、創立90周年記念の歴史パネル展示を実施する。

サブ会場は富士山駅隣接の電車修理工場と河口湖駅の2カ所で、電車修理工場では電車との綱引き体験や車両部品展示を実施。河口湖駅では車両撮影会、列車連結・分割作業実演、洗車機通過体験を行う。3会場とも、開催時間は10時から15時30分まで。一部定員制のイベントがあるほか、定員なしのイベントに関しても混雑状況によって人数制限を行う場合がある。

(佐々木康弘)