1


衣替えのシーズンになり、ネクタイを秋冬物へチェンジした方も多いかと思います。近年はファッションのひとつとして「ニットタイ」が流行しているのをご存知でしょうか。

ニットタイ...つまり毛糸で編んであるネクタイは、店舗で選ぶのもなかなか難しいファッションアイテムのひとつ。そこで、自分だけのニットタイを作れる、machi-yaに参画する「CHOOSE KNIT」を使ってみる、というのは悪くない選択肢になるでしょう。


「CHOOSE KNIT」は、作る人と使う人を近づける「適量生産」を目的としたニットファクトリーです。オーダーキットをプレゼントすることで、オーダーという「体験」をプレゼント出来るのが大きな魅力です。

送り主/受け取り手/ファクトリーの3者が寄り添うように、一つのストーリーを編み上げるというのが「CHOOSE KNIT」の提案です。

『order kit KNIT-TIE edition』の贈り先は、自分自身でも良いわけですから、オーダーキットを取り寄せて、まずは自分用に好みのカラーと模様でオーダーしてみましょう。



ケーブル柄は伝統的なアラン模様のひとつで、漁師が魚をたくさん採れるようにという願いが込められた編み模様です。大胆なケーブル柄は、単体で見ると派手に感じますが素材はニットですから、全体的に柔らかい印象になるでしょう。



『order kit KNIT-TIE edition』では、もう一つtack柄が選べます。tack柄というと馴染みが薄いかもしれませんが、日本では「鹿の子模様」とも呼ばれ、ポロシャツによく使われる編み地です。シンプルな細かい編み目が連続し、全体的に落ち着いた雰囲気を作ってくれます。



ニットの編み地を選びつつ、カラーもキットの中のスワッチ(見本)を手がかりに、6色のうち2色をチョイスします。また、刺繍10種類から一つ選べるので、組み合わせは多様。

ワイシャツはいつも白で無難すぎるな...と感じていたら、ニットタイを大胆に取り入れて、この秋、一気にイメチェンするのも良いかもしれませんね。

なお、ニットタイはオーダーを受けてから約4週間で手元に届けてくれるようです。

BUY
order kit KNIT-TIE edition

16,000円


machi-ya

(藤加祐子)