「新型クラブツーリズム号」の内部

写真拡大

旅行会社のクラブツーリズムは2016年10月4日、新設計の観光バス車両「新型クラブツーリズム号」のデビューを発表した。バスメーカーやバスシートメーカーと共同で設計したもので、快適性と安全性を追求した。

同社が実施するバスツアーの「(次世代の)標準車両」という位置づけで、まずはこの10月に2台導入し、18年度までに100台を投入する予定。

長距離の旅を快適にすごせる設備

観光バス車両初導入という触れこみの「電動リクライニング」は、座席が前方に徐々にスライドする。後部座席に気兼ねしなくてすみ、しかも操作しやすい。シートピッチは90cmで従来タイプよりもゆったりしている。コンセントとUSBポートを全席に設置。スマホやタブレット、ポータブルオーディオプレーヤーの充電に便利だ。

座席数は4席×9列の正席36席で補助席はなし。外の景色を楽しみたい人のために車体構造を見直し、窓枠を少なくしてワイドガラスを入れた。「洗面台付き化粧室(トイレ)」付きなのは言うまでもない。

高速道路や幹線道路を走ることの多い観光バスは外気導入が難しい。そこで空気洗浄機を3台設置して浄化機能を強化した。

安全対策の向上も見逃せない

どんなに豪華な設備であっても事故を起こしては何の意味もない。「新型クラブツーリズム号」は乗員・乗客の命を守る対策も光る。

ドライバーの安全運転をサポートする機能として、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報装置、運転注意力モニター、車間距離警報装置を装備した。

従来の観光バス車両では2点式シートベルトが一般的なところ、急なブレーキでも上半身が固定されやすい3点式を採用。さらに乗客にシートベルト着用の意識をもってほしいという考えから「シートベルト装着確認システム」を付けた。装着すると座席のランプが消灯する仕組みで、未着用の人は一目で分かるという。

クラブツーリズムはKNT-CTホールディングス(近畿日本ツーリストグループ)の完全子会社だ。シニア世代向け旅行企画に強く、国内貸切バスツアーの販売において業界トップの実績を誇る。新型クラブツーリズム号で行くツアーも販売中。詳細は公式サイトまで。