女性の”家飲み” 一緒に飲む人の1位は配偶者だが2位は・・・

写真拡大 (全3枚)

 「オレンジページくらし予報」は、全国のお酒が飲める女性762人を対象に「家で飲むお酒」について調査を実施した。それによると、よく飲むお酒はビールがダントツのトップだった一方、1人で“家飲み”する女性も意外に多いことがわかった。

 一緒に飲む人は「配偶者」が68.2%で1位となったものの、「1人で」が46.3%で2位に。3位「来客、仲間、友達」の18.8%に大きく差をつけた。「実際に飲む飲まないは別にして、“家事が一段落した後にビール類を飲みたい”と思うか?」と聞くと、約半数が「思う」と答えており、家事がひと段落した時に“ビール片手にリラックス”という主婦が多いようだ。

 その中でも、5歳以下の子(乳児を除く)を持つ母親層では、53.2%と半分以上が「1人で」飲むと回答。彼女らは「家でお酒を飲むこと」の印象についての問いに、「自分へのねぎらい」、「楽しい、うきうきする」などの回答が全体を上回るなど、育児疲れをお酒で癒やそうとする人が多いことがうかがえる。

 夫が「仕事帰りに一杯」なら、主婦だって「家事を終えて一杯」でも、いいよね!