全国にリゾート施設を展開する星野リゾートが、軽井沢、京都、竹富島、富士、東京に続き、「星のや」六軒目、そして「星のや」海外一軒目となる「星のやバリ」を、バリ文化・芸術の中心地であるインドネシア・ウブドに、2017年1月20日(金)開業する。
  

「星のや」ブランドが海外初進出


 
 今回開業するホテルのコンセプトは「聖なる川に向かう運河の集落」。聖なる山々が連なり、熱帯雨林の懐深い大自然の中、神秘的な寺院や田園の景観が心を捉えるエリアに「星のやバリ」が誕生する。

 1000年に渡って棚田を支え、バリの神々や、自然と人間の調和を大切してきたというバリ島の世界遺産 スバックシステム(流水の分配)。その世界観の中に融和し、共鳴するような建築とランドスケープデザインを展開してく。
 

 
概要

施設名:星のやバリ
所在地:Br. Pengembungan, Desa Pejeng Kangin, Kecamatan Tampaksiring, Gianyar 80552 Bali, Indonesia
客室:全30室(ヴィラタイプ)
敷地面積:約3ヘクタール
パブリック施設:プール・メインダイニング・カフェ・テラス・スパ
チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00
料金:1泊1室70,000円〜
交通:デンパサール空港(バリ国際空港)より車で70分
公式ページ:http://hoshinoyabali.com/

2016年10月20日(木)より、「星のやバリ」公式ページ(http://hoshinoyabali.com/)にて宿泊予約の受付を開始。
 
 
参照元:星のやブランドサイト、星野リゾート公式サイト