うわ〜、バレちゃった!

写真拡大

社会人になると、なかなか異性との出会いがないですよね。家と職場の往復で1週間が終わってしまうなんて人もザラにいるのではないでしょうか。

そんな忙しい社会人にとって、職場は"いい出会い"の宝庫。「女の転職@type」や「gabaマンツーマン英会話」など複数の調査では、4割を超える人が社内恋愛をした経験があることが分かっています。

でも実際、何かと気を遣うことも多そうです......。職場恋愛をハッピーなものにする秘訣ってどんなこと――? 職場恋愛の経験者の失敗談から、「社内恋愛で気を付けること」を学びましょう。

なぜ私だけが異動?

【その1】2人の関係は秘密にする

これは、社内恋愛の鉄則です。周りに気を使わせないようにマナーの問題もありますが、やっかみから風当たりが強くなったり、仕事に支障が出たり、デメリットの方が多いみたいです。最悪の場合はどちらかが異動や転勤になったりする例も......。以下はバレた人たちの声です。

・彼担当の仕事だけ力を入れていると誤解されてしまい、やり辛くなった。
・上司や先輩に目を付けられ、ミスもしていないのに仕事に集中していないと言われた。
・彼を気にかけていた女性社員からの風当たりがきつくなった。
・仲の良かった同僚の態度が少し変わってしまった。
・社則でカップル同士や夫婦同士で同じ部署にはいられないことになっているので、私が異動させられることに。花形部署だったので残念だった。
・少しずつ上長へ情報が漏れていき最終的には私が転勤させられた。
・バレた翌年、彼は左遷された。男同士の嫉妬は怖いから気をつけなさいと統括部長に言われた。

ゾッとしますね。とりあえず、結婚が決まるまでは秘密にしておくのが得策のようです。

【その2】社内ではなるべく接しない

交際中の2人って秘密にしていてもなんとなく雰囲気に出てしまうもの。お互いに近寄らないくらいがちょうどいいかもしれません。せっかくそばにいるのに切ないですが、ここはぐっと我慢です。

・デスクの島越しに、彼に意味深な目線を送っていたのを見られ、バレた。
・異様にカンの良い女上司が雰囲気で悟ったらしく、いつの間にか社内に広まってしまった。
・2人の会話や雰囲気から周囲の人が気が付いた。
・付き合いだしたとたん、彼が妙になれなれしく。バレバレだった。
・タメ口でバレた。

職場近くの居酒屋はキケンがいっぱい

【その3】どんなに信頼している人にも打ち明けない

恋愛相談は社外の、会社とは関係のない人に。

・仲のいい職場の同僚に、社内恋愛をしている彼の相談をしたら、翌日、社員全員がそれを知っていた。

【その4】デートは職場から離れた地味な場所で

職場から遠くても、メジャーなレジャースポットは危険です。

・居酒屋で会社の同僚がいたのに気付かずに仲睦まじく飲んでいる姿を見られてしまった。
・あまり人がいないと思って遊びに行った場所に、会社の人がいてバッタリ鉢合わせ。
・休日デートを会社の人に見られた。手もつないでいたので完全にバレた。

【その5】余計なSNS投稿はしない

・私と彼のブログの内容がかぶっていることを共通の同僚に見破られてしまい、バレてしまった。
・ケンカの後のつぶやきが同じタイミングだった。

どうしても心の内をぶちまけたいときは、手書きの日記が1番安全でしょう。それから、2人の連絡手段には社内メールは使わないこと。プライベートに使用していると罰せられることもありますよ。

いかがでしたか? 恋に試練はつきものとはいえ、なかなか大変そうです。「なんとなく付き合ってみた」ではリスクが高いので、お互い真剣な恋愛であることは大前提です。

バレない秘訣として、食事に行くときは個室を予約して、現地集合、現地解散という人もいました。でも、どんなに徹底してもバレるときはバレるもの。もし気づかれても、粛々と仕事をしましょう。普段から真面目に仕事に取り組んでいて、公私混同しない人であれば、周りも応援してくれるはずです。