お金とやりがいより大事!既婚女性が切望する「理想的な働き方」とは

写真拡大

結婚・出産を経てもフルタイムでバリバリ働く女性は多くいます。仕事と家庭は両立できないわけではありませんし、うまく両立して充実した生活を送る女性たちも多く存在します。

仕事のやりがいはあり収入はよくても、やはり時間や体力的に言えば、フルで働くと家庭生活に多少なりともしわ寄せが来ることは否定できません。それを何とかしながら頑張って働いているわけですが、既婚女性たちは、本当の理想の働き方についてどう考えているのでしょうか?

今回は、フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドが30〜40代の既婚女性を対象に行った「既婚女性の働き方意識調査」の結果についてご紹介しましょう!

■既婚女性の理想の労働形態は?

まず、「女性の活躍促進という風潮に対して」どう思うか尋ねると、「やや満足している」と答えた人が最多で44.3%。続いて「やや不満がある」(43.0%)、「かなり不満がある」(9.4%)、「かなり満足している」(3.3%)という順でした。

活躍促進をするならば、チャイルドケアや有休などの制度を政府に徹底して欲しい、というのが本音でしょう。

次に、「あなた自身が望む働き方について」を尋ねると、

1位・・・個人事業主・フリーランス(50.2%)

2位・・・パートタイマー・アルバイト(17.2%)

3位・・・正社員(10.7%)

4位・・・派遣社員・契約社員(8.8%)

5位・・・専業主婦(3.8%)

という結果に。1位は断トツで「個人事業主・フリーランス」。職種にもよりますが、時間がある程度自由になり、なおかつ収入があるという魅力があります。そして「専業主婦になりたい!」という女性はたったの3.8%! やはり、「どんな形態でもいいから働いて、自分の収入を確保したい」という気持ちが強いようです。

また、「仕事を選ぶ際に最も重視していること」については、1位が「家庭に悪影響が出ないこと」(43.1%)、2位「仕事内容が自分に合っていること」(22.9%)、3位「働く時間や休みが調整できること」(20.9%)でした。ちなみに、「やりがいを感じられること」はたったの3.9%、「収入」に至っては2.5%!

既婚・子持ち女性の場合、一番の優先事項は“家族のニーズ”なのでしょう。

■在宅で働きたい人がすべきこと3つ

調査の結果、個人事業主・フリーランスという形態で働くことに憧れる女性が多いことがわかりました。「家にいられて、収入もあるなんて、いいとこどりじゃない!?」と思われることも多い労働形態ですね。

今回は、実際個人事業主として働く筆者が、過去記事「私も…できる?働くママが知っておきたい“在宅勤務”の実践テク」を参考に、在宅ワークをしたい方が実践すべきことをご紹介します。

(1)スキルを身に付ける

結婚や妊娠・出産前から将来的な在宅ワークの可能性を頭に入れておき、スキルを身に付けるのが得策。でも、出産してから「やっぱり在宅がいいな〜」と思った場合でも、自分さえ頑張れば通信教育などを受けることはもちろん可能です!

(2)現在の会社で在宅勤務の可能性を探る

職種により在宅で働ける場合もあります。実際、ITやデザイン関係職従事者で在宅フルタイム勤務をする人は多いもの。期間限定でも、自分の会社で在宅勤務の可能性があるか探ってみるのもいいでしょう。ただし、この場合でも子どもは保育園に預けないと、仕事がなかなか進みませんので要注意。

(3)ネットでできる仕事を探す

インターネットという便利な道具がある現代はネット上でもできるお仕事がたくさんあります。自宅でも旅行先でも、ネット環境さえあればOK。数をこなせばいい収入になる場合もありますが、できればキャリアとして確率できる専門性があればさらに安心。

以上、既婚女性の働き方についてでしたが、いかがでしょうか?

個人事業主として働くにはリスクもありますが、子どもを持つママにとっては利点のほうが多いオプションといえます。まずは自分のやりたいことを真剣に考えて、リサーチしてみることから一歩を踏み出してみてくださいね!