スターバックスの地域限定グッズが刷新、各地域の「言葉」もデザインに

写真拡大

 スターバックス コーヒー ジャパンが地域限定商品のデザインをリニューアルし、「ジャパン ジオグラフィーシリーズ」として10月12日に発売する。北海道や東京都、京都府、沖縄県など全国13エリアで展開し、それぞれの都市をイメージした全52アイテムを各地域のスターバックス店舗で取り扱う。 スタバの地域限定グッズが刷新の画像を拡大

 対象となる商品はステンレスボトル(各4,200円)、タンブラー(各2,000円)、マグカップ(各1,800円)、スターバックスカード(1,000円以上の入金で発行可能)の4種。「地元の人々の日常の様子」をコンセプトに掲げ、それぞれの地で暮らす人々にとって馴染みのある象徴的なコトをモノを組み合わせたほか、「USOYAN」(大阪)や「JANNE」(名古屋)、「HAISAI」(沖縄)などその土地ならではの言葉を織り交ぜ、親しみやすいデザインに仕上げられた。また、専用のギフトボックスも販売し、ギフトやお土産にも活用できるようにする。■販売店舗:北海道、宮城県、東京都、神奈川県、石川県、長野県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、沖縄県内のスターバックス店舗(一部店舗を除く)※一部販売エリア以外の店舗でも取り扱いあり※いずれも税別価格