トイプードルの毛の特徴

犬の毛の種類には、大きく分けて「シングルコート」と「ダブルコート」の2種類があります。一重の被毛で毛が抜けにくいのがシングルコート、二重の被毛になっていて季節によって必要のない毛が抜けるのがダブルコートです。

シングルコート

トイプードルの毛はシングルコートです。
主にダブルコートの犬は寒冷な地域で、逆にシングルコートの犬は寒さに備える必要のない比較的温暖なところで改良された犬種に多いようです。それでシングルコートであるトイプードルは、ダブルコートのように保温のための厚い下毛が備わっていないため、寒さには弱いと言えるでしょう。

抜け毛が少ない

トイプードルは抜け毛が少ないことでもよく知られた犬種ですね。シングルコートの犬も全く毛が抜けないわけではありません。トイプードルは巻き毛なので抜け毛がその中に絡まって、あまり表面には出てこないのです。抜け毛が少ないと、おうちの中が汚れにくかったり犬アレルギーの人も反応が出にくいので、それもトイプードルが家庭犬として人気が高い理由の1つです。

トイプードルの換毛期

犬の被毛には春と秋の年2回換毛期があって、ダブルコートの犬はその時期大量の抜け毛がごっそり取れます。夏と冬の寒暖差に適応するため、被毛の調整がされていきます。

シングルコートのトイプードルは大量に毛が抜ける事はありませんが、その時期はやはり抜け毛の量は少し多くなります。春と秋にはブラッシングの回数を増やして、抜け毛を取り除いてあげましょう。

トイプードルの抜け毛ケアと処理について

抜け毛のケア

トイプードルの毛は、抜け落ちない分すぐに絡まってしまいます。それは毛玉ができやすかったり汚れも絡まりやすいという事です。ブラッシングをしないとすぐに毛玉になってしまいます。毛玉は皮膚トラブルにもつながるので、毎日のこまめなブラッシングは大切です。毎日できなくても、1週間に1回は必ずブラッシングをしてあげましょう。ブラッシングのマッサージ効果は、血行を良くして新陳代謝を高める役目も果たします。

抜け毛の処理

トイプードルは抜け毛は少ないですが、少なからず抜け毛は落ちているのでやはり床のお掃除は必要になってきます。掃除機、粘着ローラー(コロコロ)、フローリング用のワイパーなどを使って床のお手入れをすると良いでしょう。粘着ローラーは、フローリング用を使用すれば柄が長くまた床にテープがくっつかないので楽にお掃除することができます。

カーペットやその他の場所のお掃除には、上記のものに加えてエチケットブラシや滑り止めつきの軍手で毛をかきあつめるというお掃除方法もあるので試してみてくださいね。

抜け毛が多いと感じる場合

仔犬の時期

仔犬から成犬になる時期には、柔らかい仔犬の毛が抜けて成犬のクルクルとした毛に生え変わってゆきます。そのため、抜け毛がとても多くなります。仔犬の柔らかい毛はすぐに毛玉になりやすいので、よくブラッシングをして不要な毛を取り除いてあげましょう。

トイプードルの毛が抜ける病気

体に何らかの異常がある場合、部分的に抜け毛が多くなることがあります。ストレス、ホルモン異常、アレルギー性皮膚炎、甲状腺機能低下症など原因は様々です。トイプードルなのに最近抜け毛が多いな…と感じたら動物病院でよく調べてもらい、早めに対処してあげることが大切です。

具体的な病気の種類は以下のようなものがあります。

皮膚炎

トイプードルは毛が抜けにくいことからも人気な犬種です。ですが、毛が抜けにくいことで、皮膚が蒸れやすく、特に夏場は皮膚炎という病気になりやすくなってしまいます。又、アレルギー性皮膚炎にもなりやすい犬種と言われています。特にトイプードルに多い皮膚炎として、膿皮症などが挙げられます。

アトピー性皮膚炎

アレルゲンが原因で、皮膚にかゆみや赤み、湿疹等の症状が見られ、症状が酷いと脱毛が見られることがあります。

細菌感染による皮膚炎(膿皮症)

皮膚に細菌が異常に増殖して発症します。主にかゆみ、赤み、湿疹などの症状が見られます。
また、こちらも症状が悪化した場合に、脱毛する場合もあります。

予防

トリミング時だけではなく、普段からこまめにブラッシングをしたりして、通気性を保ち、毛玉を作らないことが大きな予防法です。
アトピー性の皮膚炎の場合は、食事や生活環境のアレルゲン物質を取り除くことが大事です。
細菌感染の場合は獣医に相談し、薬を飲ませたり、薬用シャンプーを使う事で症状を抑える事が出来ます。
犬の皮膚の状態を良く見て、炎症が起きているようであれば病院に行くことをお勧めします。

ノミやダニによる感染症

ノミやダニは、春から秋にかけて感染しやすくなります。もちろんトイプードルもノミ・ダニどちらにも寄生され、吸血されてしまいます。そしてノミやダニの感染は、散歩時に感染率が最も高くなるので注意が必要です。

症状

主な症状は、吸血による患部のかゆみ、赤み、湿疹、皮膚炎などです。これらの症状に合わせて患部の症状に伴い、「脱毛」する場合があります。

治療について

治療法は、駆除薬や薬用シャンプーによって寄生虫を駆除後、患部の治療を行ないます。もちろん予防薬で予防することもできます。

ノミやダニによって二次的に重篤な病気にかかる場合もありますので、しっかり予防に努め、感染してしまった場合は動物病院できちんと治療を行ないましょう。

クッシング症候群

トイプードルの毛が抜ける病気として、クッシング症候群があります。クッシング症候群という病気は、腎臓の少し上にある副腎といわれる分泌器官で生成されるホルモンが異常に多く分泌することで起こります。

トイプードルを含めたプードル種やダックスフンド、ボクサーなどの犬種に発生が多く、年齢は6歳以上に多いと言われています。

症状

全身性の左右対称の脱毛が見られます。また、多食、多飲、多尿の症状がみられる事があります。
特徴的な症状として、副腎の肥大化による腹部の膨張が見られます。

治療法

治療法は各症状や原因によって異なるため、精密検査と原因の特定が必要です。
主な原因は、「脳下垂体もしくは副腎皮質に腫瘍がある場合」「副腎皮質の異常分泌が原因の場合」、「投薬しているの薬が原因の場合」が考えられます。

腫瘍が原因の場合、外科手術で腫瘍を取り除きます。副腎皮質の異常分泌を止めるため、投薬治療を行います。
腫瘍やアレルギー、炎症などの治療に、副腎皮質ホルモンと同じ働きを持った薬(グルココルチコイド)を使用している場合は、ホルモンのバランスを正常に戻すために、薬の使用を中止します。

まとめ

トイプードルのクリクリとした愛らしい毛は、抜けにくい分丁寧なお手入れが必要になってきます。
いつもきれいにブラッシングをしてあげて、愛犬も飼い主もお互いが気持ち良く過ごせると良いですね。