写真提供:マイナビニュース

写真拡大

LiBは10月5日、「読書に関する意識調査」の結果を発表した。同調査は9月12日〜16日、働く女性119名を対象に、インターネットリサーチで実施している。

「電子書籍(新聞・漫画などのスマホアプリを含む)を利用しているか」を聞くと、51.30%で「利用している」が最も多くなった。次いで「利用していない、したことがない」(27.70%)、「利用していたがやめた」(12.60%)、「利用していないが検討している」(8.40%)となった。

「月間何冊の本を読むか」を聞いたところ、電子書籍を「利用している」人では「1冊」「2冊」(どちらも19.7%)が最も多くなった。次いで「10冊以上」(18.0%)、「5冊」(14.8%)と続いた。平均は4.2冊だった。

「利用していない」(「利用していない、したことがない」「利用していたがやめた」「利用していないが検討している」)の回答者では、「1冊」「2冊」(24.1%)が最多に。以降「5冊」(15.5%)、「3冊」(10.3%)と続いた。平均は2.9冊となった。

「電子書籍を利用している」「利用していたがやめた」と回答した人に、「利用したサービス名」を聞いたところ、1位は「kindle」(31.70%)だった。次いで「iBook」(28.60%)、「その他」(25.40%)。以降、「Renta!」(12.70%)、「楽天kobo」(11.10%)となった。