肉も野菜もたっぷり! ニューヨークスタイルのサンドウィッチが絶品「QINO’S Manhattan New York」に行ってみた

写真拡大

野菜爆盛りなわんぱくサンドはもちろん、人気ブーランジェリーも専門店を出すなど、いま話題沸騰の「サンドウィッチ」。

茗荷谷の絶品サンドウィッチ!「QINO’S Manhattan New York」フォトギャラリー

今回は、ニューヨークスタイルのサンドウィッチ「QINO’S Manhattan New York」をご紹介。

爆盛りというよりボリューミーな感じなので食べやすくお肉も野菜も食べたい!というときににぴったりなサンドウィッチです。

丸の内線の茗荷谷駅から徒歩10分くらい。大通りに面しているので道としては難しくないです。

近くに出版社があるからか、店内にはエディターっぽい(勝手なイメージ(笑))小洒落た方が多かったですね。

店内はテーブル5つに椅子が16脚くらいかな。

シックでありながら、やはりどことなくアメリカンな雰囲気で時間があるならイートインがオススメ。

もちろん、テイクアウトもできるし、東京23区以内ならデリバリーも可能らしいです。

パンめぐ編集長の片山、これは自分のパン屋さんめぐりのマイルールしてることがあり、どのお店に行っても、とりあえずは一番人気のものを頂くことにしています。(それはどうしてなのかは、今度書くとして・・・)

こちらの一番人気はパストラミサンドウィッチ。

別料金になりますが、人気トッピングとしてアポカドと書かれていたのでアポカドもトッピングしてみました。

特製の十穀パンを使用しているということで、パン自体が味わい深く、プチプチとした食感が心地良い。

そして、ビーフパストラミの塩味にピクルスの酸味が良いアクセントになっています。

アポカドはもともと好きで、可能ならばいつでもトッピングしちゃう私ですが、サンドウィッチにおいてアポカドは良い潤滑油になっているというか、味もさることながら下手するとパサパサした食感になってしまうところを、うまくまとめてくれています。

ちなみに、ここはイートインの時はフォークもつけてくれるんですね。

小さな心遣いですが、ボリューミーなサンドはこぼれがちなので、フォークがあると非常に食べやすかったです。

QINO’S Manhattan New York
住所:東京都文京区小石川4-21-2
電話番号:03-6231-5527
営業時間:[月〜金] 10:00〜15:00 [土日祝]8:00〜18:00
定休日:定休なし。夏季冬季休業あり。

この記事を書いた人・パン好きが集まるキュレーションサイト「パンめぐ」