写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は10月5日、テスト管理ソフトウェア「NI TestStand」の最新版「NI TestStand 2016」を発表した。

最新版では既存ユーザーが生産性の向上を実感できるような機能が提供されるとともに、テスト開発に初めて取り組む技術者が確実に成功を収められるよう支援することに重きが置かれている。具体的には、Property Loaderを再設計したことで、テストシーケンスに含まれる変数、判定値、プロパティなどのインポート/エクスポートが可能になったほか、Sequence Editorに、右クリックのオプションやネイティブな列挙型データタイプを追加するなどしている。

日本NIは「TestStand を、システム開発プラットフォーム『NI LabVIEW』や、PXI(PCI eXtensions for Instrumentation)に対応する高性能のモジュール式計測器と組み合わせることで、プラットフォームをベースとするNIのスマートなアプローチを自動テストシステムの構築にまで拡張することができます」とコメントしている。

(神山翔)