強いんじゃなくて「自分」でいるだけ。自由に歩くカーラの姿

写真拡大

音楽を超えてマルチタレントぶりを発揮しているリアーナが、またやってくれました!

リアーナ、妥協しない女性のためのキャンペーン開始

『PUMA』のレーベル「FENTY PUMA by Rihanna」を手がけて人気を博しているリアーナ。

新しい「Do You」キャンペーンでは、なんとクリエイティブ・ディレクターに就任。それもそのはず、このキャンペーンはリアーナにインスピレーションを得たものだから。

"I dare myself to make things work. I don't do things for the response or controversy. I just live my life."

「物事をきちんとやり遂げようと、自分に挑んでいるの。反響や話題のためにやっているんじゃない。ただ、自分の人生を生きているだけよ」

「PUMA」Press Kitより引用

そう語るリアーナは、自分に正直で、妥協しない女性へ向けたこのキャンペーンを率いるのにぴったり。

カーラは女性たちをエンパワーすることに夢中

そして、キャンペーンモデルに選ばれたのは、そんな女性の代表、カーラ・デルヴィーニュ。

カーラも、このキャンペーンにはおおいに賛同。自分の情熱を注ぐのにふさわしいチャンスだと思ったようです。

"I'm passionate about acting and I'm passionate about empowering women and girls. I want to align myself with opportunities that stand for something."

「いまは情熱を感じていることにエネルギーを注ぎたい。(中略)演技することと女性たちをエンパワーすることに夢中なの。意義ある機会ならぜひ参加したいと思っているわ」

『Refinery29』より引用

20161005_puma02.jpg

キリッと凛々しい態度も太眉も共通。女性の個性を支持するメッセージを世界へ発信するのに、このふたりほどふさわしい女性はいないのです。

歩幅は大きく堂々とNYを闊歩

屋外での撮影には、自分軸で生きる女性にふさわしい街、ニューヨークのロウアー・マンハッタンが舞台になりました。

20161005_puma04.jpg

チャイナタウンをひとり占めのカーラ

20161005_puma05.jpg

「カッツ・デリカテッセン」でサンドイッチを頬張るカーラ

こちらは、ロウアー・イースト・サイドにある「カッツ・デリカテッセン」。映画『恋人たちの予感』で一躍有名になったデリです。

カーラは片膝立てて、パストラミサンドイッチをパクリ。お行儀悪いなんて思われても気にしない。だって、いまはそうしたいんだもん。

20161005_puma06.jpg

大きな犬を連れて闊歩。歩幅も自然に大きくなります。自信満々の女性の姿ってかっこいい。

自分の軸をしっかり持っていて、ブレることのないカーラとリアーナ。このふたりのコラボときたら、だんぜん応援してしまうのです。

[PUMA, Refinery29, Harper's Bazaar]

Photos Courtesy of PUMA

こちらも読まれています

・リアーナのパワーは次世代へ。がんばる子どもたちに奨学金支援

・久々にピンヒールな気分! リアーナとマノロ・ブラニクのコラボシューズ

・わたしって、もしかしてイタい...? オフィスにひそむ落とし穴 #sponsored