写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECソリューションイノベータは10月5日、農業の匠の技を形式知化し継承を支援する「NEC農業技術学習支援システム」の最新版を発表した。

今回の最新版では、学習コンテンツの作成を支援する「導入支援コンサルティングサービス」と、同システムに蓄積された学習コンテンツを、広く他の地域へ提供できる「コンテンツ流通機能」を追加した。

「導入支援コンサルティングサービス」は、熟練農家と非熟練農家の作業を比較・分析し、熟練農家の「状態把握」と「判断」のポイントを抽出して、学習コンテンツの作成を支援するもの。同サービスを利用することで、実際の栽培管理作業に合わせた、有効性の高い学習コンテンツを作成することが可能になる。同サービスは、10月5日より提供開始する。

また、「コンテンツ流通機能」では、同システムに蓄積された農業技術やノウハウを、システムを利用する他の地域に提供することができる。これにより、自身が持つ農業技術を後世に残したいと考えている熟練農家が、離れた地域に対しても、農業技術の継承が可能となる。さらに、貴重な栽培ノウハウがさまざまな地域に流通することで、日本の栽培品質の向上に寄与することを目指す。なお同機能は、2017年1月より提供する予定。

提供価格(税別)は、NEC 農業技術学習支援システム(コンテンツ流通機能付き)が月額7万円から、導入支援コンサルティングサービスが200万円から。それぞれ別途、初期費用が必要となる。同社は、今後3年間で50ユーザーの導入を目指す。

(山本明日美)