「静かすぎる保育園が話題になっています」と、司会の羽鳥慎一が紹介した。開設以来、騒音に対する苦情がいっさいなく、海外からも視察がくるという埼玉県松伏町の「こどものもり」だ。0歳から5歳の園児160人がいる。アメリカから視察に来た大学教授は「驚きました。とても安定感があります」と評価する。

登園のあいさつも静かに言葉を交わす。通常は80〜100デシベルの音量が65デシベルで、外で遊ぶ時も72デシベルぐらいという。秘けつはどうやら「サッカーで遊びます」「縄跳びをします」などと、子供たち一人一人に選ばせる教育にあるらしい。ランチタイムもビュッフェ方式で、子どもが食べられる量を自分で選ぶ。

園長「安心感を持たせれば、変に騒いだりしない」

お寺の住職でもある若盛正城園長は「何をしたいかをまず聞くことで安心感につながります。子どもたちは落ち着いてストレスがなくなり、静かに過ごせます」と話す。

ただし、運動会の練習などでは元気いっぱいで、そこはメリハリをつけている。年長の子どもに年少組の面倒をみさせ、主体性につなげることにも努めているそうだ。先生方もシチュエーションに合わせて声のボリュームを変えているという。

キャスターの宇賀なつみ「ちょっと静かすぎるのも心配ですけどね」

野上慎平アナ「でも、積極性がないわけではありません。主体性に任せてやりたいことを進めています」