お見合い結婚のメリット、こんなにあった

写真拡大


執筆:Mocosuku編集部


「いちばん手っ取り早い」というイメージもあるお見合いですが、「よく知らない相手と結婚するなんて信じられない!」と思う人も多いにではないでしょうか。

でも実は「お見合い結婚」も「恋愛結婚」と同じように大きな幸せの可能性を秘めているのです。

今日は「お見合い結婚ならではのメリット」についてお話ししましょう。

 お見合い結婚のメリットは「離婚のリスクが低い」


一説によると、現在の日本では結婚したカップルのおよそ3組に1組が離婚しているといわれます。

その内訳を見てみると、離婚したカップルのうち40%が恋愛結婚だったのに対して、お見合い結婚だったカップルはわずか10%。単純に計算すると、お見合い結婚は恋愛結婚に比べると、離婚のリスクが4分の1ということになります。

婚活の本当の目的は、単に「結婚相手を見つける」ことではなく、「末永く寄り添える相手を見つける」こと。

その観点からいうと、離婚のリスクが低いお見合い結婚は、とても理にかなった婚活方法といえるのかもしれません。

「恋愛感情が絡まないからこそうまくいく」


ではなぜ、お見合い結婚のカップルは離婚する確率が低いのでしょうか。

これについては専門家によるいろいろな意見がありますが、ざっくりいうと以下のような「お見合い結婚」ならではのメリットが功を奏しているようです。

1.理性的に相手を判断できる
2.「結婚」について相手と冷静に話せる
3. 第三者の意見を取り入れやすい
4. 相手に過剰な期待をしない


「(1)理性的に相手を判断できる」というのは、いわゆる「釣書(つりがき)」「プロフィール」を事前に見られるから、ということでしょう。

容姿はもちろん年齢や身長、年収や職業など、言わば「相手のスペック」が自分の許容範囲内かどうかをある程度判断できるのです。また、「結婚」を前提にして相手と会うので、「2.「結婚」について冷静に話し合える」わけです。

「子供の有無」「新居の場所」「妻が仕事を続けるか」「家の収入はどう管理するか」などなど、相手の意見を確認することができます。「結婚してから話し合ったら平行線でケンカばかり」というような、恋愛結婚にありがちなことが少なくなるのです。

「3.第三者の意見を取り入れやすい」というのもお見合い結婚ならでは。

恋愛結婚の場合はいくら反対している人がいても押し切って結婚、というパターンもありえますが、そもそも「お見合いしただけ」なら相手に恋愛感情をもつことはほとんどありません。ですから両親やコーディネーター、あるいは仲人の意見を素直に受け入れやすいのです。


「4.相手に過剰な期待をしない」というのはちょっと意外かもしれませんね。でも「お見合い」で出会った相手はそもそも「よく知らない人」。ですから多少自分の思い通りにならなくてもそれほど腹は立ちません。


恋愛結婚ならそうはいきませんが、お互いどうしても「遠慮がち」&「気を使いがち」になるので、あなた自身はもちろん、パートナーのワガママや不平も自然と抑えられます。

「本能」に頼ってもダメなら「理性」に頼ろう


恋愛とはそもそも「本能で判断する」ものですが、お見合いはその真逆。結婚相手として自分に合うかどうか「理性で判断する」わけです。

自然な出会いから結婚したい、と考えている人にとってはお見合い結婚は今ひとつピンと来ないかもしれませんね。

しかし「本当に出会いがなくて困っている」「結婚したいけど、どういう相手と合うのかわからない」という人は、「お見合い」というのもひとつの選択肢かもしれません。

イロケも素っ気もない気もしますが、条件や交渉ありきで結婚相手を探すほうが幸せになれる、という考え方もあるのです。