やりがちな“あの行動”もランクイン! “既婚者”が独身者にイラッとする瞬間・4選

写真拡大

結婚して子どもがいると、何かと融通がきかないことも増えて、遊びに行く場所も限られてしまったりするもの。子どもがいる者同士なら、その気持ちもわかりあえるものですが、独身の人には理解してもらえないこともありますよね。そこで今回は、既婚者のみなさんが、独身の友人にイラッとしてしまったことを聞いてみました。

■こちらの都合を考えてくれない

・「家庭があるのに、夕方から会えないかと誘ってくること」(29歳女性/医療・福祉/専門職)

・「家庭があるのに、飲み会に誘われるとき」(28歳女性/その他/その他)

・「こちらの都合をまったく考えずに遊びに誘ってくる」(34歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)

結婚して家族がいる場合、帰ってからの家族団らんの時間はとても大切なもの。飲みに誘ってくれるのはありがたいですが、少しは気持ちを考慮してほしいものですよね。

■時間帯を気にしない

・「時間関係なく訪問してくる友だち。こっちは家事などやることがあるのに困る」(27歳女性/マスコミ・広告/営業職)

・「夜遅くても気にせず電話などで連絡をしてくる」(33歳男性/その他/クリエイティブ職)

・「夜中にも電話をかけてきたり、LINEがしつこかったりすると迷惑に思う」(34歳男性/情報・IT/クリエイティブ職)

独身のときは、自分の好きなときに好きなように時間をつかえるため、電話やメールなども、自分が思い立ったときにできるものです。でも相手が既婚者の場合、夕方などの忙しい時間帯だと、家事に追われていることがありますので、気を使ってほしいですよね。

■お金の使い方がちがう

・「お金の使い方で独身と家庭持ちとの感覚がちがうとき」(23歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「一緒に飲みに行くと、金銭感覚の違いを感じること」(33歳男性/食品・飲料/事務系専門職)

・「お金の余裕がある独身にいろいろアドバイスもらうこと。お金がついていけない」(33歳女性/その他/その他)

独身のときと結婚してからでは、お金の使い方がガラリと変わったという人も多いのでは。マイホームを夢見たり、子どもの教育費などを考えると、独身時代のように、好き放題には使えませんものね。

■旅行の自慢話

・「海外や国内に旅行に行った話を延々とされたとき」(31歳女性/その他/その他)

・「海外旅行に何度も行ってきた自慢をされる瞬間」(31歳男性/金融・証券/専門職)

・「気兼ねなく、いろいろなところに旅行に行っているとき」(34歳男性/機械・精密機器/技術職)

子どもができてからは、一度も旅行にいったことがないという人も多いことでしょう。たまには旅行に行ってみたいとストレスをためている既婚者からすれば、自由に旅行に行ける独身の友だちに、ついイラッとしてしまうこともありそうですね。

■まとめ

結婚する前とした後では、どうしても考え方や生活スタイルなどが大きく変わってきてしまうもの。自分だけのことを考えていればいい独身時代とちがい、家族のことを優先して考えなければならないのは当然のことかもしれません。我慢することが多いとストレスがたまってしまい、つい独身の友人にイラッとすることがあるかもしれませんね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日〜9月5日
調査人数:387人(22歳〜34歳の男女)
※画像はイメージです

(ファナティック)