公式が病気 ザ・イエロー・モンキー公式が「いえもん」といえばバンド?お茶?をガチ緊急調査

写真拡大

 15年ぶりに集結したTHE YELLOW MONKEY。アラサー世代以上には「いえもん」という愛称で親しまれていますが、このところ若い人によっては「いえもん」といえばお茶の伊右衛門が真っ先に思いつくようで、そんなジェネレーションギャップがつい先日ネットを賑わせたのは記憶に新しいところ。

【関連:はないけど近い話題→「伊藤久右衛門 宇治抹茶カレー」食べてみた】

THE YELLOW MONKE

 その「いえもん」問題について、THE YELLOW MONKEY公式が『ザ・イエロー・モンキー黙認 「バンド?」「お茶?」緊急大調査!』という特設サイトを公開しました。アーティストは黙認ですが運営しているのは正真正銘の公式。ちなみにこのアンケートは復活後初となる10月19日発売のニューシングル『砂の塔』のリリースを記念し行われています。

 特設サイト(http://yemon-chousa.jp/)に行ってみると、「いえもん」といえば・・・?という質問に対して、「バンド」か「お茶」を回答し、年齢を選択するだけ。「いえもん」をTHE YELLOW MONKEYと認識する年齢境界線を調査しているそうです。

特設サイト

 なお、この結果は『砂の塔』発売日となる10月19日に発表されます。他にも円谷プロとコラボした『帰ってきたザ・イエロー・モンキー』映像も今回のアンケートサイトにあわせて公開されています。どちらも気になる方はぜひチェックを。