写真提供:マイナビニュース

写真拡大

あべのハルカス美術館(大阪府大阪市阿倍野区)は11月19日〜2017年1月15日、「わだばゴッホになる 世界の棟方志功」を開催する。

同展は、代表作60件を通じて、版画家・棟方志功の生涯をたどる展覧会。

「わだばゴッホになる」。大正13年に21歳で上京した青森の青年は、版画家として成功し、"世界のムナカタ"と呼ばれた。生涯かけて無我夢中に制作した木版画の数々や、彩色の美しい肉筆画は生命力にあふれ、現代の我々の眼にも、常に斬新に映る。

同展は、第1章「戦前・戦中 板画家への道のり」、第2章「戦後 世界のムナカタ」、第3章「晩年 津軽」で構成。習作期から晩年までの代表作を網羅し、強烈な個性を発して輝き続けた偉大な版画家の生涯をたどる。

また、谷崎潤一郎の小説『鍵』の挿絵など、文学と関わる作品や、肉筆の美人画などもあわせて紹介し、棟方の多様な芸術作品を観覧できる。出品作品は、青森県立美術館、棟方志功記念館所蔵・寄託の棟方作品、60件となる。

開催期間は、11月19日〜2017年1月15日。開館時間は、火〜金/10時〜20時、月土日祝/10時〜18時。入館は閉館30分前まで。休館日は、11月21日、28日、12月31日、2017年1月1日。会場は、あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区阿倍野筋・あべのハルカス16F)。

入館料(税込)は、一般 1,300円(前売1,100円)、大学・高校生 1,100円(同900円)、中学・小学生 500円(同300円)。前売りペアチケットは一般のみ 2,000円(2枚組、一般のみ)で、1枚ずつでも使用できる。

(エボル)