勉強はやっぱり午前中? 東大、記憶しやすい時刻を解明

写真拡大 (全3枚)

 早起きは三文の徳。英語でも、早起きの鳥は虫を捕らえる(The early bird catches the worm)。寝坊するより、たくさんのことがこなせるのはことわざの通りとして、どうやら記憶の効果も午前中の方が高いらしい。東大大学院理学系研究科のチームが、「長期記憶しやすい時刻」を発見、脳内の仕組みを解明した。

 時刻によって記憶のしやすさに違いがあるのではないかということは、従来から考えられていたが、どのような仕組みなのかは分かっていなかった。そこで、マウスを用いた長期記憶テストを一日のさまざまな時刻に行ったところ、マウスの活動期のはじめに記憶のしやすさが最高に達することを見つけたという。記憶の日内リズムは海馬に存在する体内時計(海馬時計)が制御しており、遺伝子を操作して海馬時計を止めると、長期記憶できなくなったのだそうだ。 このメカニズムは、ヒトの海馬にもあてはまると考えられ、夜行性のマウスに対して昼行性のヒトでは、長期記憶の学習効果のピークは昼の前半、つまり午前中にあたる。同じ学習時間でも、記憶の効果が高いなら、これは生活習慣を再考する価値ありだ。