アラサー女子がいま狙うべき、失敗しない「バツイチ男子」の選び方

写真拡大

モテ男子が次々に結婚していき、恋愛市場にもうイケてる男子がいないのでは!?と焦るアラサー女子は決して少なくないはず。この記事を読んで心当たりがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結婚後もあなたを成長させてくれる男性の特徴3つ

いま、そんなアラサー女子に人気なのが「バツイチ男子」なのです。

25歳くらいまでは「バツイチ男子」なんて射程圏内に1ミリも入っていなかったと思いますが、30歳前後になると、ある程度の恋愛経験を経て、お付き合いしたい男性の中にランクインしてくるのです。

筆者も知り合いのバツイチ子なし男子が「バツイチになった途端、モテすぎて仕方がない」と自慢してきて、一定の需要があることを感じました。

人気の理由と、そんなバツイチ男子の中でも良い旦那さんになってくれそうな人を見極める、正しい選び方をご紹介したいと思います。

一度、一人の女性に認められた男性なので、信用できそう

離婚をしてしまったといえど、一度は一人の女性が「人生預けてもいいかも」と思った男性。

他の女性もそう思った、と考えると男性の信用度は一気に上がります。

そして、男性側も「一人の女性を養っていこう」と決意した人。一度も結婚を決めずに残っている未婚男子より、甲斐性があると考えることができます。

早く結婚した男性なので、競争率が高めのイケメンな可能性も高いのです。

ただ、全員がOKというわけではありませんよね。離婚理由が「不倫」や「暴力」「借金」ならもちろんNGです。

「奥さんとの相性が悪く、子どもができなくてギクシャクしてしまった」「奥さんが浮気をした」ということなら、トライしてみる余地はあるのはないでしょうか。

「バツイチ子なし」が条件

いくらバツイチが需要があると言っても、子どもがいないことを希望する女性は多いようです。

やはり、前の奥さんとの愛の結晶である子どもの存在を受け入れるのは、辛いものがありますよね。

子なしが理想ですが、子ありの場合は、子どもが5歳〜10歳くらいならまだ考えてみるのもアリかもしれません。

生まれたてで離婚したのなら、まだ育児に難ありでしょう。元奥さんの生活の基盤も整っていないため、突発的なことが起これば、急に元妻のところに行ってしまう事もなきにしもあらず。

また、子どもが中高生くらいなら、養育費が増えて、生活が苦しくなる可能性もあります。

もし子ありでも素敵な人がいたら、子どもの年齢は確認したいですね。

一度結婚に失敗しているので、がっつかない

バツイチ男子は、一度結婚のことで痛い目にあっているので、変にがっついてきません。慎重で、誠実な男性が多いように感じられます。

つまり紳士的なのです。素敵ですよね!

逆に、離婚経験者なのにがっついている男は、ただの女好きの可能性大。

寂しいのかもしれませんが、せっかくバツイチを見極めて付き合ったつもりが、女好きなら後々苦労してしまうことになります。

結婚生活をすでに経験しているため、女性に過度な期待はもっていない

未婚男子は、女性同様結婚にある種妄想に近い憧れを持っている人も多いようです。

「結婚したら、掃除洗濯料理一切しなくていい、楽!」などと思われていたら、その姿勢で結婚生活に突入してくるので、女性からしたらちょっと負担ですよね。

バツイチ男子なら、結婚生活をすでに経験しているため女性に過度な期待を持っていません。

男性も譲歩しなければならないことがあることも知っています。とても楽に自然体でいられるというメリットがあります。

ただし、過度な期待を持っていない代わりに、前の結婚生活の苦労ばかりを話したり、元妻の愚痴をよく言う男は、危険です。反省していないので、次の結婚生活を良くしようと努力しませんし。