口の中で20回舌を回せる?意外とキツイ「舌回し」で表情筋を鍛えて顔のたるみ改善!

写真拡大

「キレイの先生」編集部の山田です。

 ちょっとした空き時間に試していただきたいことがあります。

 口の中で、舌を歯ぐきに沿うようにして、ぐるりと回してください。それを20セットが目標です。

 いかがですか? 20セット行えましたか?

 ちなみに私は、10セットくらいで舌の付け根あたりがきつくなって、ギブアップしてしまいました。

 私と同じような方も、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 これで分かるのは、顔の表情筋(表情を作る筋肉)を普段使えているか、ということです。

 私のように、途中でギブアップしたりきつくなったりした方は、表情筋をあまり使えていないことが考えられます。すると、顔のたるみにもつながりやすいです。

 表情の豊かな方は、それだけで顔がたるみづらいといえます。実際、私が取材させていただいたエステサロンの先生方は、表情豊かで素敵な方が本当に多いです。

 私は仕事柄、パソコンの前に座っていることが多く、表情もそれほど動かしません。表情筋が衰えてしまうのも納得です。

 口の中で舌を回すことは、表情筋のトレーニングになります。

 最初は20セットが難しくても、繰り返す内にできるようになってくるといいます。そしてその頃には、顔は見違えるほど変化しているそうです。

 私もこれを書きながら、舌回しを行っています。こうして、どこでもできるのも魅力ですね(ただ、人前ではなかなか見せられない顔なので、そこだけはお気を付けください)。

キレイの先生 http://kireinosensei.com/