写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ダイハツ工業は3日、軽オープンスポーツカー「コペン」のDRESSパーツを拡充して発売した。今回は「コペン セロ」から「コペン ローブ」へ外板交換が可能なDRESSパーツをセットで販売する。

「コペン」は「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を新骨格構造「D-Frame」と内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」により実現した軽オープンスポーツカー。2014年6月に発売した「コペン ローブ」に加え、「コペン エクスプレイ」「コペン セロ」の3つのデザインを発売し、2016年8月末時点の累計販売台数は約1万8,000台となっている。

今回は「コペン セロ」から「コペン ローブ」へ外板交換が可能なDRESSパーツをセットで販売。すべての外板を「コペン セロ」から「コペン ローブ」へ交換可能な「フルセット」に加え、フロントパーツのみの交換を行う「フロントセット」、リヤパーツのみ交換を行う「リヤセット」の3つを発売する。

DRESSパーツ特別色として、「コペン セロ」専用色の「ブリティッシュグリーンマイカ」も設定。従来、「コペン ローブ」には設定のない外板色をDRESSパーツ購入者のみ実現可能とした。価格(取付け工賃は含まず)は、DRESSパーツの「フルセット」が37万4,760円、「フロントセット」「リヤセット」はそれぞれ20万6,280円(いずれも税込)。

その他、D-SPORTから「コペン エクスプレイ」用のDRESSパーツ「コペンアドベンチャー」ボディキットも同日に発売開始。「コペン セロ」の発売と同時に実施した「コペン ドレスフォーメーション デザインアワード」にて、一般公募の中から最優秀賞に輝き、東京オートサロンで実車化した「コペンアドベンチャー」を市販仕様にリファインしている。ダイハツパーツの取扱いウェブサイト「DRESS CLOUD CONNECT」を通じ、全国のダイハツ販売店で購入できる。

(木下健児)