ディズニーアニメ最新作の日本版ポスター完成

写真拡大

好奇心に溢れ、“海を愛する”ヒロインが描かれるディズニー・アニメ最新作「モアナと伝説の海」。その“海に選ばれた少女モアナ”を象徴するような日本版ポスタービジュアルが完成した。

本作の主人公で、ラプンツェル、アナとエルサ、アリエルらを送り出したディズニー・アニメーションの新たなヒロイン“モアナ”は、好奇心に溢れた、海を愛する美しい少女。数々の伝説が残る南太平洋の大きな島で育ったモアナは、幼い頃に海と“ある出会い”をしたことから、海に選ばれる。そして16歳になったとき、運命に導かれるように“禁じられた”海へ旅立つが――。

今回解禁された日本版ポスターには“海に選ばれたモアナ”と、彼女を取り囲む、まるで生きているかのような壮大な海と生き物たちが描かれている。“海”はモアナを守っているようにも、何かを語りかけているようにも見えるが、この不思議なヒロイン・モアナとどう関わっていくのだろうか。そして、モアナの両手の中でエメラルドグリーンに光輝く石、それはこの世界のあらゆる生命を生み出す女神“テ・フィティの心”。この石こそが、モアナの冒険において重要なカギを握っているという。

長年守られてきた島の掟に従い、島の外海に出ることを禁じられたモアナは、“心”を失ってしまった世界を救うために、悩みながらも自分の進むべき道を見つける大冒険に挑む、リアルな描写と壮大なスケールの物語だ。

監督はロン・クレメンツ&ジョン・マスカー。2人はこれまでにもアリエル(『リトル・マーメイド』)やジャスミン(『アラジン』)といった伝説的なヒロインたちを送り出してきた巨匠ゴールデンコンビだ。ロンは「海の中で暮らすアリエルは、陸で暮らすこと夢見て、島で暮らすモアナは大海に出ることを夢見ている。アリエルから一周回ってモアナに帰ってきたね(笑)」と新たな“海”のヒロインについて語り、ジョンは未だ明かされていないモアナの歌声について「モアナの歌声はとても素晴らしいですよ!」と自信を覗かせる。

さらに「世界中の言語で、どんな声が起用されるのかワクワクしています」と話し、日本語版でモアナを演じる女優や『アナと雪の女王』で世界中から注目を集めた「Let It Go」の25か国語版のような展開にも期待がかかる。

映画「モアナと伝説の海」は2017年3月10日、全国ロードショー。