ウッチャンナンチャンが2016年初の2ショット

写真拡大

ウッチャンナンチャンの内村光良が初の原作・脚本・監督・主演を務める映画「金メダル男」が、10月22日より全国ロードショーとなる。その公開週(10月17日〜)は、お昼の情報番組「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)とのスペシャルコラボが決定。毎日、日替わりで映画出演者がスタジオゲスト出演することになった。

出演するのは、10月17日が土屋太鳳、18日が知念侑李、19日がムロツヨシ、20日が木村多江、21日が内村監督。映画撮影時のメイキング映像始め、「ヒルナンデス!」でしか見られない特別企画も進行中だ。また、内村監督と南原清隆の2ショットが披露されるのは、2016年初となる。

このコラボのそもそものきっかけは2015年までさかのぼる。映画劇中にリアルなテレビ番組を登場させたいと考えた内村監督が「『ヒルナンデス』を映画で使わせていただきたい。映画撮影にご協力いただけないか」と番組にオファー。メーンMCの南原をはじめとする出演者、スタッフが快諾・協力を受け、コラボが実現した。

映画が撮影されたのは1年前、2015年10月23日の生放送終了後のこと。南原とアシスタントを務める水卜麻美アナウンサーに加え、撮影した2015年当時に番組金曜レギュラーを務めていた久本雅美、有吉弘行、河北麻友子、ライセンスが内村監督の想いを受け参加した。

内村監督が撮りたい絵のイメージを出演者たちに説明すると、百戦錬磨の演者たちはアドリブを巧みに混ぜながら期待以上のやり取りを展開。撮影現場では内村監督が、相方の南原に照れながら演出をする場面もあった。出演者やスタッフが、貴重なウッチャンナンチャンの2ショットに大盛り上がりしていたのが印象的だったというこのシーン。「ヒルナンデス!」がどのタイミングで、どのように映画に登場するのかも注目だ。