【極秘】知られざるネコの秘密15選 / ネコは本気を出すと時速50キロで走れる(笑)

写真拡大

ミヤーミヤーミャー。日本のみならず世界で最も多く飼われているペットはネコなのです。その数はなんと2億匹以上だと言われているほど。ネコちゃんたちは世界中の人々の心を癒やしているわけですな。

猫のトリビアを大発表!



ところがネコのことを大好きな人は多くても、その大好きさとネコに関する知識が比例しない人も多いのではないでしょうか。ネコ好きであれば、もっともっとネコのことを詳しく知るべきなのです!

そこで、今回はネコに関するトリビアを集めてみました。意外と知らないネコのトリビア、あなたはいったいいくつご存知でしょうか。

みんな大好きネコのトリビア15選





1. ネコは甘味をほとんど感じられない

ネコの舌には甘さを感じる味覚がほとんどありません。ネコが敏感なのは酸味と苦味。これは肉が腐っているかどうかを判断するためだそうです。イヌは肉のほかにも果物などを食べてきましたが、ネコの主食は肉なので甘みを感じる必要性がなかったため、甘みを感じる味覚がほとんどなくなってしまったのでしょう。

2. ネコは本気を出すと時速50キロくらいで走れる

太っていたり怪我をしていたりすれば当然無理でしょうが、一般的な体格のネコならどの種でもだいたい本気を出すと時速50キロ弱で走ることができるそうです。

時速50キロともなると100メートルを7.2秒で走る計算になるので、オリンピックに出るような選手たちよりもずっと速いということになりますね。

3. ネコは1日に14〜16時間は寝て過ごす



ネコは1日にだいたい14〜16時間ほど寝ると言われています。また、飼い猫や子猫などの狩りをする必要がないネコはさらに長い時間安心して眠るため、子猫は20時間ほど寝る場合もあるのだとか。

4. ネコは狩りをする夢を見ることが多い

1日のほとんどを寝て過ごすネコですが、その眠りは浅く(レム睡眠)、夢を見ていることが多いようです。その夢の内容は狩りで獲物に攻撃を仕掛けていたり、危険から脱出したりしているものが多く、夢の中で危機管理のシミュレーションをしている可能性が高いとされています。

5. ネコにも利き手がある

なんと、ネコにも利き手があります。しかも左右どちらになるかは性別によるらしく、基本的にメスは右手、オスは左手になるのだとか。ネコを飼っている方はぜひ試してみてください。

6. ネコは肉球だけに汗をかく



ネコは体に汗をかかず、肉球だけに汗をかきます。これは汗の出る汗腺が肉球にしかないからです。

7. 肉球は前後で数と配置が異なる

これは飼っている人ならご存知でしょうが、ネコの肉球は前脚と後ろ脚で数や配置が異なります。前脚には肉球が5つありますが、後ろ脚には4つしかないのです。

8. 三毛猫は基本的にメスしか生まれない

三毛猫は基本的にはメスしか生まれず、オスの三毛猫はとんでもなく希少種なのです。なんと、オスが生まれる確率は3万分の1程度。

しかもオスの三毛猫は生殖能力を持たないことも多く、生殖能力を持ったオスの三毛猫からオスの子猫が生まれる確率はやはり3万分の1程度らしいのです。そのため、オスの三毛猫は数千万円で取引されることも多いのだとか!

また、オスの三毛猫は昔の日本では縁起が良いとされていて、第一次南極観測隊にも昭和基地内のペットとして連れて行かれています。

9. いきなり虫を捕まえてくるのは飼い主に狩りを教えたいから

ネコはときどき虫を捕まえて持って帰ってくることがあります。これは飼い主のことを子猫だと思い込んでいて、狩りの仕方を教えてあげようとしているのだと解釈されています。怒ったりせずに褒めてあげるようにしましょう。

10. ネコに牛乳を飲ませるとお腹を壊す



ネコに牛乳をあげると喜んで飲みますが、実はこれはあまり良くありません。ネコの体に負担をかけてしまいます。

ネコに牛乳をあげる場合は、ペット用の牛乳を与えるようにしましょう。ちなみに、ペット用の牛乳を人間が飲んでも体は壊しませんが、気分を害するのでこちらもやめておきましょう。

11. ネコは高いところから落ちたら死ぬ

ネコはどんなに高いところから落ちても死なないというのはウソです。人間よりは耐性があるのは間違いありませんが、やはり高いところから落ちたら死ぬ確率が高くなります。マンションなどでネコを飼う場合は気をつけましょう。

12. ネコは本能的に同じものを続けて食べない

ネコを飼っていると、いつも好きだった食べ物を急に食べなくなってしまうことはありませんか? これはただ飽きたのではなく、野生の本能で「同じものばかり食べていると、この食べ物がなくなったときに生命の危機に陥る」と感じるかららしいです。

同じものを食べ続ける飼いネコは安心して食べ続けられるものだと知り、野生の本能を失ってしまったのかもしれませんね。

13. ネコは1回の妊娠で違うオスの子を出産できる



ネコは一度の出産で何匹も子猫を生みますが、必ずしもすべてが同じオスの子猫だとは限りません。ネコは複数の卵子を一度に排卵するので、発情期間中に複数のオスと交尾をすると一度の出産でも違うオスの子猫が生まれる可能性があるそうです。

14. オスネコのペニスにはトゲがある

可愛い顔をしていますが、オスネコのペニスには100本以上のトゲがあるといいます。交尾時にメスネコは激痛を伴うのだとか……。

15. ネコのフンを使った高級コーヒーがある



インドネシアに『コピ・ルアク』というコーヒーがあるのですが、こちらはコーヒー豆をジャコウネコに食べさせて体内で発酵させ、フンからコーヒー豆を取り出して作るという衝撃の製法となっています。そのため希少性が高く、1杯数千円するのはあたりまえの超高級コーヒーなのだとか。



もっとネコ大好きになっちゃう!



全世界の人間たちが愛してやまないネコちゃんたち。もっとたくさんネコのことを知って、より深くネコを可愛がりたいものですね! え? ネコよりワンコのほうが好き?

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/